2010年12月 のアーカイブ

R0020456sR0017881s
 学外の、放送業界で活躍されている方と話しをしていると、本校を卒業されてなくても、「あー知ってる、高速道路脇の、黄色い建物の・・・」とおっしゃる方が比較的多いです。

 東放学園専門学校、開設以来しばらくの間は、校舎は黄色(レモンイエロー)でした。ここ数年は、隣のコンクリート打ちっぱなしの色に合わせるように、グレー系の色に。しかし、黄色が完全に消えたのではなく、このブログのタイトルを始めとして、方々にいくつかの黄色が今でも存在しています。
 本校のコーポレートカラーは青色系。これは黄色の「補色(色相を円で表現した場合の対角180°側の色)」とほぼ一致。真反対の色同士ですから、色覚的にメリハリが効いている学校と表現できますね。
 学生も「学ぶ時は学び、楽しむ時には楽しむ」、加えて講師の先生方や我々職員も、「メリハリの精神」というものを、その多少に関わらず意識している、そういう学校。これは特徴の1つです。

 メリハリとは両者の違いを際立たせること。角度であれば開く、距離であれば離れるという関係性でしょうか。開き離れることで、それぞれを粒さに観察できる。解釈は人によって様々だと思いますが、少なくともこの「観察眼」は大事ですよね。
 
 さて、今日は12月31日。もう少しで、年が明けます。

IMG_2312sIMG_2321sIMG_2316s
 一連の作業風景をご紹介している「大道具操作基礎」。この授業は、テレビ美術科(今年度2年次までは「演出デザイン科」)1年生の実習です。「操作」とありますが、各部材の製作から建て込み、そしてその撤収に至までを、全般的に体験していく内容です。
 
 1枚目の写真、この授業を担当している、実際の現場でも活躍されている講師の先生が、説明をしながら手伝っている様子。この1枚だけの写真では解りませんが、観察させていただいていると、「何か」をするときの「体勢」が安定的というか固まっているというか、そんなふうに感じますね。
 
 2枚目の写真、こちらは、「インパクトドライバー」と「木ネジ」を使って、組み上げ作業中です。1人の学生が打ち、もう1人がしっかりと固定。この「固定」が大事なんですよね。特にインパクトドライバーは、締め打つ力が強いですし。
 
 授業時間も後半に入ったこともあって、作業のペースが上がっています。傍から見ていると常に「速いな」と思っているわけですけれど(笑)。
 授業を履修している学生の中には、入学して初めていろいろな工具を使った、あるいは「木材」に触ること自体、初めてに等しいという人もいる筈。写真では、あまり表現できなくて恐縮ですが、とてもそのようには見えない。
 未経験者だったという雰囲気は、微じんも感じないのです。
 
[写真:m-shiina]

IMG_2106sIMG_2116sIMG_2306s
 「大道具操作基礎」作業風景、引き続き。

 こちらは、塗料を調合している様子。塗料の容器から出した単色のまま、ではなくて、いくつかの色を配合しているのですね。それによって、自分達のイメージ通りの色合いにしていくわけです。
 手袋なんて使わない。素手そのままで、赤を足したり黒を足したりして、実際に段ボールの切れ端に塗ってみて・・・、この作業を何度も繰り返していました。
 塗色は、塗られる面積でも違う印象になりますし、材料に染み込んだり乾いたりすると、また違う色合いになるのですよね。難しい作業です。
 
 そして、それに混ぜているのが、2枚目の写真の、白色の、やや粘着質のもの。これは、家の外壁にも使われる塗材。吹き付け塗装(表面を凹凸にする)の下地材の一種ですね。塗装面に厚みを持たせるための調合なのでしょうか。仕上がりが楽しみです。
 
 3枚目。垂木を切断している学生です。前回紹介したものとは、違う工具を使用。私、高校時代には「まるノコ」と習った記憶があるのですけれど、正式には「卓上切断機」というのだそうです。さすがに粉塵が沢山飛散というか飛びかかってくるので、マスク着用です。
 何年も、何百回も使っている工具ではない筈ですからね。ちょっとした恐怖心のようなものはあると推測されますけれど、使いこなしている姿、カッコ良いです。
 
[写真(3枚目):m-shiina]

IMG_2031sIMG_2049sIMG_2075s
 先週の23日(木曜日)から年末年始の閉校期間に入っているのですが、それと同時に本格的な寒さがやって来た感じ。みなさん、どうぞ体調を崩さないよう、ご自愛ください。
 
 さて、12月20日に続く、「大道具操作基礎」の紹介です。
 2つのグループに分かれて、1週間違いで作業を進めている実習授業ですが、今回のシリーズでは2つめのグループ(Bグループ)の作業を中心にお伝えしています。ちなみに、前回、色鉛筆でデザインに色を入れていた写真がBグループです。
 
 そして今回は、道具やセット造りの工程。1枚目の写真は、作業工房の入り口から。入り口の手前にも材料が置かれていて、フロアー全体が工房になっています。奥では、パネル造りの学生の姿も。
 
 今回造作している美術セット、実はある「お店」がテーマ。2枚目の写真は、そのお店の中に置かれるテーブルの天板を造っている様子です。2人の学生が材料を押さえながら、1人の学生が設計図通りの寸法で切断。 
 
 その切断に使っているのが、「ジグソー」といって、つまり電動ノコギリ機。直線やカーブ状に切断できたり、切断面自体を斜めにしたりすることができる工具です。
 3枚目の写真、ちょうど、カーブ状に切断しているのですが、ジグソーの運びがそのまま線形になるので、直線部分よりもデリケートですよね。顔を近づけて慎重に切断しています。

IMG_0772sIMG_0800sIMG_0815sIMG_0827s
 都内のあるホールでの実習授業の様子を、何回かに分けてお伝えしてきた「舞台照明実習2」。今回の一連の紹介としては、今日で締くくりです。
 
 本番では、出演者として華やかな意気込みを表現した学生、本番が終わると同時に、スタッフとして様相に早変わり。
 まずは、沢山の灯体が吊るされている「照明バトン」が降りて来る前に、その際に支障となる床置きの灯体と、電源用の結線を、すべて排除。これが1枚目の写真。
 さすがに何回かに渡る入念な打合せが行われているだけあって、抽象的な指示のための声かけは聞かれず。注意を促す、あるいはもっと具体的な指示の声のみ。とにかく、速いです。 
 
 そして2枚目の写真。ヘルメットを被り、照明バトンを降ろして、結線と灯体を外す作業。ここまで、撤収開始から4分しかかからず。学生皆さん、動きが速いので、例によってデジカメだと、とてもブレます(苦笑)。安全に手際良く、この両立は、難しいのですよね。
 
 3枚目の写真、ある程度、灯体が集まってきて、それを専用のケースに収納する作業です。
 綺麗好きとか几帳面だから、など個人の質(たち)に関係なく、灯体の機種はもちろんのこと、向きや角度まで、キチんと揃えて入れていきます。
 
 収納の作業が終わった後は、機材車への積み込みと同時並行で、ステージ上の掃除も。
 そして最後の写真は、学生全員でホールの担当の方へ、お礼の挨拶。しかもバラバラではなくて、整列をしてお辞儀をしていました。驚くのは、その直後、飛び入り参加で手伝った「1年の学生」にも、お礼をしていました。
 いずれも「当たりまえ」の一言では簡単に済まない、とても大切な礼儀ですし、「仕事をする」ということに対する意気込みの表現としても、とても大事ですよね。

IMG_0724sIMG_0489sIMG_0502sIMG_0739sIMG_0751sIMG_0465sIMG_0636sIMG_0706sIMG_0709s
 前回、先行して動画で紹介させていただいた、東放学園専門学校 照明クリエイティブ科2年生「舞台照明実習2」本番中の模様を、今回は写真でご覧いただきましょう。
 何度か書かせていただいているように、すべて、この授業を履修している照明クリエイティブ科の学生達。他の学科の学生が、出演にだけ来ている、というわけではないのです。凄いですね。
 
 実は、制服姿の学生は、前回の「合唱」のグループだけではなくて、「ブラスバンド」のグループの出演もありました。
 随分と上手だな、と思って聞いてみたら、皆さん経験者だそう。高校時代やそれまでの学生時代に部活動などで活躍していた皆さんなのですね。颯爽(さっそう)と演奏している姿を見ると、カッコ良い!
 しかし、それほど大勢の学生が履修している授業ではないですからね。その中で7名が経験者というのは、結構高い確率と言えるでしょうか。
 
 
 さて、次は、男性グループによる、「ストリート ダンス」です。
 4枚目の写真、これは、客席の上にある「シーリング室」という場所からの撮影なのですが、まず、ダンスをしている6名の位置が、綺麗に整っていて綺麗。この、正しく並ぶことは、結構難しいのですよね。
 
 5枚目の写真。これ、「技の名前」を知らなくて恐縮なのですが、何でしょうか・・「片手倒立」みたいなものですね。写真だと言わずもがな静止状態に見えますけれど、実際には、このまま片手で小刻みにジャンプしながら回転、しているのですよ。うーん、専門用語を知らないので、どうしても稚拙な表現になってしまいます。恐縮です。
 グループには「専門学校東京アナウンス学院」の「ダンスパフォーマンス科」があって、そこではこういうダンスを本格的に学んでいるのですが、そうではないですからね。
 ピンスポットも当てられていて、客席からのアングルだと、もっとさらに格好良く見えるはず。
 
 
 そして最後にご紹介するのは、先日の動画と同様、合唱のグループ。軽音楽のグループ同様、学生皆さん、それぞれに高校生時代の制服を持参して、それがコスチューム。
 7枚目の写真の左に、グラウンドピアノが見えますが、ピアノの伴奏も、同じく照明クリエイティブ科の学生。頑張って弾いていました。リハーサルから本番にかけての時間、ほとんど休憩もとらずに、熱心に練習していました。
 この写真の上には、風船などのいろいろなものが、吊るされているのが見えますね。
 このブログ、12月13日の写真中、風船を膨らましている学生の姿がありましたけれど、このデコレーションを作っていたのです。

 8枚目の写真、右に見える指揮者も、もちろん学生。写真では、学生の皆さんお揃いで、サンタクロースの帽子を被っていますね。歌唱曲は、クリスマスソングのメドレーの他に、「桜の栞:AKB」のカバーも。
 
 
 
 この3グループのすべて、リハーサルの様子を見ていると、まるで、部活動の練習中の光景と見間違うほど、各人がアドバイスをし合ったり励まし合ったり、という姿が何度も見られました。本番までの1週間もしくはそれ以上の期間、それぞれの学生出演者グループごとに、他の授業の合間をぬって、毎日のように練習していたそうです。とにかく「やる事」が本格的。
 
 とうわけで、コンサートのほとんどを、学生自身で行っている今回の実習授業。それぞれが1人3役も4役もこなしていたわけです。

  
 私が子供の頃は、少々違ったのですけれどね。最近は、イブが過ぎて当日になると「もうクリスマスは終わった」みたいなね、そんな雰囲気になるわけです。テレビCMも、お正月用のデザインのものが増えたりしてね。
 
 そこで、今日は、先日来お伝えしている「舞台照明実習2」の本番の一部をご紹介しましょう。12月に入ってのミニコンサートだったので、照明クリエイティブ科合唱団は、クリスマスの歌を唱ったのです。
 他にも2グループの出演がありましたから、明日以降、あらためて写真で。
 しかし、本格的ですね。

IMG_2878sIMG_2245sIMG_2880s
 本日「クリスマスイブ」。ということでですね、先日お伝えしたポインセチアに続き、校舎内のささやかなクリスマスデコレーションを。
 
 1枚目の写真、本館の隣にある校舎のロビーのサンタさん。
 上に案内の看板があるのですが、まるでそれに合わせたように、両手を上げて、居ます(笑)。しっかりと自分の居所をキープしていますね。ちょっぴりシュールでクール。しかし残念ながら、受付に行くと、プレゼントを貰える・・・わけではありません(苦笑)。
 
 2枚目の写真、こちらは、「クリスマスリース」で、職員室の前。もみの木の緑と、雪の白と、サンタクロースの赤(木の実の紅)。この時期になると、街中に増える色ですね。10月を過ぎ、そして、この3色を見ると、自動的にクリスマスカラーと認識。お腹が減っていると、パスタやビザを連想してしまいますけれど。

 最後は、ロビーの照明バトンに吊るされた照明の灯体。ここにも、小さなサンタさんがいらっしゃいます。まあ、あの、学校なので専門的に説明すると、サンタさんの顔が描かれたフィルターが入った色差枠、それに「PARcan-right(パーライト)36」という灯体、ということになります(笑)。

掃除!

2010年12月23日 学校の様々

IMG_2895s
 さて、東放学園専門学校は、今日12月23日(木曜日)から新年1月5日(水曜日)まで、年末年始のお休み。
 仕事納めの昨日(火曜日)、職員は、各々授業の合間に自分のデスク周辺を掃除。そんな中、1人の職員が何らかの機器らしきものを分解して掃除機を出して・・・。
 誰か、というと、本校放送音響科の授業を中心に担当している、横田香苗でございます。そして掃除機をかけている物は、パソコン。詳しいのは「音」だけではないのですね。いわゆる一般企業だとあまり見られない光景でしょうか。技術とその知識に長けているスタッフが多い本校ならでは、と言えるかも。
 パソコンには、冷却用のファンが取り付けられていて、埃が溜まるんですよね。しかし、中身はデリケート。説明書を読んで、掃除しましょう。

IMG_0452sIMG_0664sIMG_0585s
 引き続き「舞台照明実習2」の様子。
 スタンバイの作業が終わり、再びステージ上で打合せ。授業を担当している講師の先生と共に、今後のリハーサルから本番までの流れを確認。学生の数が多いですからね、円滑に作業を進めるためにも、数回に渡る入念な打合せが行われるわけです。

 そして、リハーサルが終わり、開場までの間で、本番から撤収にかけての打合せ。
 しかし、2枚目の写真、よく見ると上の写真とは様子が大きく違う。服装がガラリと変わっているのが解りますね。女子の学生は全員制服を着用。もちろん、人が変わったのではなく、1枚目の写真と同じ学生達です。
 どうしてか、というと・・・、
 
 3枚目の写真をご覧いただくと、もう、解るでしょう。
 今回の実習授業、実は、スタッフも出演者も、同じ学生達が担当するのです。
 スタッフを担当することで、言うまでもなく、経験になり勉強にもなる、つまりより主体的に知識を取得する。一方、出演者役も担当することで、出演者側の立場、つまりより客体的に「照明」そのものを経験する、というわけです。
 卒業し就職すれば、出演者としてステージ上に立つ、ということはないですからね。学生の時にそれを体験しておく。大切なことですよね。