2011年11月 のアーカイブ

IMG_9925sIMG_0010sIMG_9868s
 さて、シリーズでお伝えしている、テレビ美術科2年生、実習授業での活躍風景の5回目。「番組制作演習」テレビスタジオでの美術セット建て込みの様子です。
 
 いろいろな建具が置かれ、装飾品が壁に掲げられて、建て込みの作業も大詰め。1枚目の写真です。
 この中に見えているもので、市販品そのままの、いわゆる「アリ物」は、ほとんどありません。ほぼすべてが学生によって製作されたものなんですよね。
 
 まず、1枚目の写真、中央よりのやや上に見えている時計。
 これも、手造り。しかも、数字や針は、ただ書いただけではなくて、その形に切り抜かれ貼られているもの。一見して、「本物」らしい「質感」というのは、このような細かい拘りやディティールによって達成されるものなのでしょう。2枚目の写真。
 
 そして、1枚目の写真、左寄りに見えている、入り口の引き戸。
 特に下方の板の部分の表面には、ディザリング処理がされていて、もの凄く本物っぽい(笑)。けれどもしかし、もちろんこれも、手造り。
 裏側から見ると、それがお解りいただけるでしょう。3枚目の写真です。

IMG_9878s
 パネル同士を繋げては立て、繋げては立て・・・の繰り返しで、いよいよ、背景の壁面が完成。しかし、11月26日の「完成系」をご覧いただくと解りますが、作業はまだまだ続くのですね。
 ・・・で、1枚目の写真、学生はパネルに向かって何をしているのか、というと、「目張り」の張りつけ中。
 繋ぎ合わせた部分の、パネルの隙間を埋めるテープでして、下の写真、左が「Before」、右が「After」。
 この写真は、近づいて撮影していますから、うっすらと跡が見えていますけれど、実際の番組中のカメラ位置やサイズなどでは、ほとんど見えなくなるのです。このような、きめ細かい作業も、沢山!  
IMG_9891sIMG_9897s
 
IMG_9899sIMG_9906s
 スタジオの一方では、別の学生が集まって、こちらは、壁に貼られる「品書き札」の製作しているところ。
 ヘルメットを被っている姿は、もうそれだけで、とても真面目に熱心に作業中の様子に見えるわけですが、もちろん見えるだけじゃなくて、実際そうなのですけれども、こちらは、笑顔も見られて楽しそうな雰囲気ですね。
 こうしたシャッターチャンスがあまり見られない程、学生が主体的に意欲的に、スピーディーに作業を進めているのです。

IMG_9865sIMG_9850sIMG_9871s
 パネル同士を繋げては立て、繋げては立て、の繰り返し。
 本校5学科と、東放学園音響専門学校 音響技術科が一致団結して番組を製作する、「番組制作演習」スタジオ美術セット 建て込みの様子。
 テレビ美術科の学生です。
 
 1枚目の写真は、途中に開講口があるパネルの連結。「溝」のようなものがあって、「引き戸」が付けられる構造ですね。
 
 2枚目の写真は、パネルを立てた後、転倒しないように裏側から支える「人形(人形立て)」を、打ち付けているところ。さすがに、2年生ともなると、釘を打つのも速いですしね、作業もドンドン・テキパキ進んでいきます。
 
 こうして、いよいよ最後のパネルの立ち上がりました。3枚目の写真。
 高さは、縦一間(縦六尺横三尺)に、さらに三尺が足されているので、合計九尺。およそ2メートル70センチですから、結構迫力ありますよね。
 パネルの下方三尺の高さで、濃い茶色の腰板状のデザイン。パネルの色からして、和風テイスト。
 少しずつ、完成系に近づいていきます。

IMG_9840sIMG_9857sIMG_9843s
 1枚目は、「サンプレ(サンプレート)」を敷く作業の写真。スタジオの、もっぱらカメラの撮影範囲内の床を、白色に変える作業です。
 サンプレは、基本的に三尺×六尺(一尺はおよそ30.3センチメートル)で、およそタタミ一畳分の面積。三尺×三尺のものや、直角三角形のものを組み合わせて、その範囲に合わせて敷き並べていきます。
 ただ並べるだけの、単純な作業に見えますが、位置や向きを決める最初の基準や、敷く順序を間違えると、ちょっとヤッカイな事になってしまうのです。
 
 次は、出演者の背景に建てる「パネル」の組み立て作業。2枚目と3枚目の写真です。
 パネルをデザインしたり造作したりする作業は、既に、テレビ美術科の「作業工房」で完了。スタジオに運搬して、順番通りに組み立てる作業を行うわけです。
 
 3枚目の写真は、1枚ずつに分かれたパネルを床に置いて、パネル同士を連結している様子。
 釘を打って固定していくのですが、番組終了後は、すぐにバラしますからね。だから、「しっかり」と、でも「抜きやすい」ように、なんですね。

IMG_9942s
 さて、今回は、まずは「完成系」の写真から、ご覧いただきましょう!
 テレビ美術科2年生による、「番組制作演習」テレビスタジオでの「建て込み」の様子。
 前期授業期間中での、実習風景です。
 
 この授業におけるテレビ美術科は、
 放送芸術科のディレクターを担当する学生から、おおまかなデザインの注文を受け
 テレビ美術科の学生が、具体的なデザインをして
 設計図を書いて造作をして建て込みをして・・・という流れで、進んでいきます。
 
 「完成系」・・すなわち「結果」。
 一般的には、結果が大事。これはもちろんですけれど、結果も大事!
 特にメディア系の「もの作り」に関わる仕事においては
 そこへの過程というか意気込みというか、それに関わる努力というか
 これらも、欠かせない大事な要素なんですよね。
 
 ということで、前置きはこれくらいにして、
 今後の数回に分けて、番組制作演習のテレビ美術科学生の活躍ぶりを、ご紹介していきます。

DSC07983sDSC07670s
 ちょっと前、いや、結構前になってしまうでしょうか。お伝えしたい事は、山ホド! ということで、すみません(苦笑)。放送芸術科1年生の「スタジオ番組制作」です。
 今回紹介するのは、「スタジオでのフロアーディレクターワーク」でして、スタッフのスタンバイを確認したり、出演者にカウントダウンの「指折り」などの合図を出したり、という「スタジオフロアを仕切る」という仕事の勉強です。
  
DSC07608sDSC07749s
 たとえば、「カメラに写らないように」「声を出せないときにも解りやすく」「声を出せるときには、しっかりと適格に」という欠かせない事、大切なノウハウが沢山あるわけですね。
 上の4枚の写真はそれぞれ、出演者に手・指を使って、カウントダウンのアナウンスをしているところ。
 
DSC07636sDSC07575s
 交代で全員が担当するフロアーディレクターの他、出演者役も交代で。
 これは非常に大事でしてね、出演者の立場でフロアーディレクターの仕事を見ることは、すなわち、客観的な視点。他の学生のいろいろな動作も、冷静に見る事ができるのでして、これもまた、勉強になるのですよね。
 右の写真は、「カンペ」で残り時間などの指示を出しているところ。指や手振りで表現できない場合の、必需品です。

2011112702s2011112701s
 日頃、比較的「テレビ」に関する事、あるいはその実習授業を紹介することが多くて恐縮なのですが、メディア業界の先輩は、「ラジオ」。テレビが後輩なのです。
 
 そういうことで、今回は、放送音響科1年生の「ラジオ制作」を紹介しましょう。
 この授業は、グループに分かれてラジオ番組を制作する実習授業でして、今回の課題は10分間の情報番組。学生が考えた企画案に基づき、授業を担当する講師の先生がアイデアを出していく、という流れで実習が進んでいきます。
 1枚目の写真は、写真手前の先生と打合せ中の様子。
 ディレクターの学生が考えた演出や原稿について、学生と共に一緒に話し合っているのです。
 
 一方、別のグループは、ラジオスタジオで、番組中に使用する「SS(サウンドステッカー)」の製作中。
 ラジオを聴いていると、番組のタイトルコールが入った短い音楽が流れますよね。アレがSS。
 真剣に、そして楽しそうに、ラジオ番組制作に取り組んでいます。
 
(原稿案・写真 Tanabe-h)

DSC01096s
もはや、校舎の前を行く甲州街道からの学校の風景は、ご存知ですね。
学校へいらしたことがない方も、パンフレットでの、つまり正面からの写真は
見覚えがあろうかと思います。
上の写真は、向かって右側が校舎本館。左側が、校舎Prism21。

 

築年数が違う隣り合った校舎同士に、デザイン上の統一感を持たせるために
正面からのPrism21は、比較的フラットな、印象。
整然と並んでいる「ガラスブロック」が特徴ですけれどね。

 

DSC01098s
けれどもしかし、その裏側は、凹凸があり、機能美が表現されているストラクチャー。
正面からのそれとは、また違った印象ですよね。
そう、機能美と言えば、写真中央やや右の、「角」の部分。
小さな四角い、僅かな出っ張りがありますね。数メートルの間をおいて縦に2つ。
これも、ある機能のためにそのようにデザインされているのです。
 
さあ、果たして、これは何のために存在しているのか。
これは、皆さんのご想像にお任せしましょうか。 

DSC00261sDSC00274sDSC00283s
 今回の一連のシリーズ最後のご紹介。照明クリエイティブ科1年生の「テレビ照明実習」です。
 この実習授業を担当するのは、テレビ照明の世界では超ベテランの講師の先生に、本校のスタッフが2名。
 スタジオフロアーでは、講師の先生が中心に、学生へのアドバイス。共にそれをフォローするのが若いスタッフ。ライティングを制御する「照明調光卓」の操作とアドバイスを中心に、もう1名の担当スタッフ。それぞれが、きめ細かい役割分担で、実習授業に望んでいるのです。
 
 学生に指示を出すだけではなく、自らも、ドンドンと脚立に昇って説明しているのは、ベテラン講師の先生。
 1枚目の写真です。
 
 2枚目の写真。
「テレビ照明」ですので、テレビモニターを通しての解説も、非常に大事になってきます。なぜならば、先般お伝えしている通り、人間の「見た目」と、テレビカメラを通しての「映像」には、明確な違いがあるからですね。
 
 そして、その説明を、真剣に聞き入る学生達。3枚目の写真です。
「ほんのり」と伺える笑顔は、「意気揚々」の姿ですね。

DSC00130sDSC00174sDSC00235s
 3方向からの照明・灯体によって、より自然な、より立体的な表現を可能にする、という「3点(三灯)照明」という技法があります。
 ただしかし、じゃあ、人が5名並ぶ状態では15式の灯体が必要になるのか? それらの位置関係や体の向きが変わったらどうするのか? その背景のライティングはどうするのか?・・・と、基本的なライティングといっても、考えることも必要な工夫も沢山。奥が深いのですよね〜。
 
 引き続き、照明クリエイティブ科1年生の「テレビ照明実習」です。
 
 灯体と学生は、基本的に1対1の関係でしてね、それぞれが脚立を用意して、昇って、灯体を操作して、という実習作業。まさに、いろいろな事が同時に学べる授業なのです。
 
 3枚目の写真は、3点照明の1つ、モデリング(バック)ライト。輪郭を強調する効果があって、たとえば、奥の背景から手前の人物を浮かび上がらせることなどができます。
 影も配光もシンメトリック。灯体の「芯」が、中央の人物に向いているからなんですね。