2013年2月 のアーカイブ

DSC05406sDSC05390s

2月18日に続く、照明クリエイティブ科の実習授業「テレビ照明実習」です。
必要な灯体を集めたり、それらを照明バトンに取り付けたり、点灯チェックを終えた後は
本格的な「照明シュート」へと進行。
灯体の位置・光の広がり方・灯す角度などを、細かく調整する作業でして
演出の1つとして、灯体そのものを見せたり、光条効果として「光の筋」を表現したりする場合は
特に欠かせない、デリケートな調整作業です。
 
そして、左下の写真。
煙が、写真の左に向かって吹き出している機器が「スモークマシーン」です。
ウォーターベースの特殊な専用の液体を加温して、煙を発生させる装置。
もちろん、安全・無害な煙です。
右下の社員をご覧いただくと、目的がお解りいただけると思いますが
音楽番組やライブコンサートで見られる光の筋は、このような機器で創られるのです。
DSC05423sDSC05428s

DSC07960sDSC07875s

ご存知の通り「テレビ中継」と言っても、番組(作品)のジャンルは沢山。
情報系の番組中の、カメラ2台程度の比較的小規模なものもあれば
10台前後を使用するスポーツ中継、これが有名アーティストのライブコンサートになると
20台を超えたり、40台を超えるカメラ台数で収録したりすることもあり。
もちろん、それらを達成しているのは、テレビカメラだけではなくて
非常にたくさんの機材や設備、そして大勢のスタッフが活躍しているわけです。
ということで、この中継技術倉庫には、沢山の機材などが整然と並べられていて
それぞれが何のための物なのかを、スタッフの方々が説明してくださいました。
  
特に右上の写真、ケーブルのコーナー。
写真では収まりきれていませんけれど、それぞれの目的の、1本が100mを超える
数えきれないほどの様々なケーブルが沢山。
非常に大規模な、中継技術倉庫です。
DSC08175sDSC07929s

DSC07854sDSC07831s

学生全員に対して、丁寧な説明をいただいた後は
いくつかのグループに分かれて、実習・見学を開始。
お忙しい中、株式会社東通のスタッフの方々が、カメラや音声の機材をセットアップしてくださっていて
各機材の目的や操作方法の説明をしてくださいました。
右上や下の写真は、最新のテレビ中継車で使用される、最新のテレビカメラ。「SONY HDC2000」など。
説明の後は、撮影実習です。
DSC07857sDSC07865s

学校のスタジオで、普段の実習授業で使用している機材と大きく違うのは
やはり、ズームレンズの性能。
スタジオの27倍に対して、用意していただいたレンズは、95倍。
スポーツ中継や、ライブコンサートでは、被写体に対して、カメラが遠距離ですからね
その分、望遠撮影を可能にする高倍率(長焦点)レンズが必要になるわけです。
95倍の高性能を、学生が堪能します。
DSC07871sDSC08133s

DSC07777s
 
さあ、今回の1枚目の写真は、これ!!
いすゞ自動車株式会社製の大型トラック「GIGA」。
限界を目指した燃費効率、世界最高水準のセーフティテクノロジーなどの最新技術・・・
いや、これが言いたい事ではなくてですね(笑)
実は、この車、テレビ中継車なのでございます。
 
今月のある日
テレビ放送・メディアの総合技術プロダクションである「株式会社 東通」様にお邪魔して
昨年の10月に完成したばかりの、最新の中継車や
オリンピックなどの大規模テレビ中継などを実現する、中継技術倉庫の見学をさせていただきました。
 
もちろん、主役は、我々教職員ではなくて、放送技術科の学生。
今後の数回に分けて、その見学・実習の様子をご覧いただきましょう。

DSC07937sDSC07847s

いつも、大抵、手元や動きを入れようとすると、サイズが落ちてしまいますし
下を向いての作業が多い傾向にありますからね
どうしても、熱心に打ち込む表情を捉えられず、ご覧いただくことも少なかったわけです。
そこで今回は、「真剣な表情特集」として、主に顔だけの撮影サイズの写真を、ご覧いただきましょう。
言わずもがな!ですけれど、何かに打ち込む姿は、本当に素敵ですよね。
テレビ美術科1年生「遠藤ゼミ(大道具操作実習)」です。
(今回の写真も、クリックすると、多少拡大表示されます)
20130226s

DSC07264sDSC07323s

学生のほとんどは、作業のコスチュームである「つなぎ」を着ているので、解りませんが
作業は、2週目に突入。今回は、主に塗装作業に勤しんでいます。
水彩絵の具だと、12色24色・・・と揃っていて、少々調合するくらいですが
このような作業で使う塗料は、加色・減色混合原色に白色が加わる程度の、数色のみ。
ほとんどの彩色は、各色の混合によって、造るわけです。
しかも、たとえば失敗するなどして、混ぜ直していくと、量ばかり増えてしまって無駄になりますからね
効率良く混ぜ合わせるということも、そう簡単ではありません。
 
そして、右上と左下の写真。
細かい部分は、筆や刷毛を使わずに、手や指を使って、描いていきます。
DSC07422sDSC07441s

次に、下の2枚の写真。
ただ単純な塗装だけではなくて、より「リアル」に表現するために、「汚し」の塗装も。
太陽光が当たるだけでも、変色していきますし、空気に当たれば酸化していきますし
水が当たれば、水垢が付いたり色が変わって見えたり・・・
原色のままを維持する物は、この世にほとんどないですからね
「それらしさ」を出すためには、「汚しの技」が必要になるのです。
DSC07490sDSC07454s

DSC07268sDSC06753s

2月9日に続く、テレビ美術科「遠藤ゼミ(大道具操作実習)」。
学生自身でテーマを考えて、デザインして設計して製作する・・・最終課題に打ち込む様子です。
写真だと一見して解りづらいですけれど、製作は2週目に突入。作業は順調に進行中していますね。
特に右上の写真、まだ途中ではありますが、これは既に完成系が明らかなっていて、ベンチ。
左下の写真。インパクトドライバを使って、規則的に木材を固定。さあ、これは、何でしょうか。
DSC07285sDSC07279s

作業を観察していると
細分化した役割で一人で行えるものと、数人で同時に行うべきもの、の2つがあるだなと解るわけです。
これは、当たり前の事ではありますけれど
そのような進行方法というか分担方法というか、いずれかの切替えが、作業効率に繋がるのでして
周囲を観察して、自主的に手伝ったり1人で進めたりという判断も、大切なノウハウなのでしょうね。
 
右下の写真。描画用の、塗料の調合がスタートしました。
DSC07303sDSC06742s

DSC03149sDSC03074s

このドラマのストーリーですが、ごく簡単に言えば、男性1人に女性2人の「三角関係」。
ただ、三角関係と言っても、単純に「取り合い」によるものだけではなくて
様々な複雑なシチュエーションもあるじゃないですか〜(笑)。
 
まあ、細かい説明は抜きにして
・・・後から入室してくるスーツ姿の女性が、なぜか別の女性と2人で居る男性を怒る・・・
ディレクターなどを担当する学生が、この話の詳細なストーリーボードを考え
キャラクター設定を考え演出をしていく、という実習です。
ということで、各グループ毎の本番中の様子を、ご覧いただきましょう。
写真をご覧いただくと解ると思うのですが
演じる表情も、とても真剣。頑張っています!
DSC02371sDSC02556sDSC03024sDSC03195s

DSC02969s
カメラリハーサルが終わって、いよいよ!本番スタート。
上の写真は、本番中のサブコントロールルームの様子。「スタジオ番組制作 ドラマ」です。
写真中央が、ディレクターを担当、左が記録(タイムキーパー)を担当する、共に放送芸術科の学生。
そして、右が、このグループのテクニカルディレクターを担当する、本学園の倉谷顧問です。
 
下の写真は、本番中の役者の様子。
自分が関わるグループでは、それぞれのスタッフを担当して
別のグループの本番時は役者を担当する、というシステム。
「出る側」「演じる側」となって「逆の立場」から、作品制作を経験するわけでして
これぞ学校の授業での、貴重な経験と言えるでしょうね。
 
ということで、実習16グループのすべては無理なのですけれど
グループ毎の、各々の本番の様子を、2回に渡ってご覧いただきましょう。

DSC02369sDSC03000sDSC02311sDSC03164sDSC02321sDSC02292s

DSC05262_2sDSC05339s

照明の仕込みも、そろそろ大詰め。
この場合の仕込みとは、あらかじめデザイン(プラン)された通りに
必要な灯体(ライト)を、照明バトンなどの決められた場所に、取り付ける作業でしてね
その照明プランが、右上の写真の図面のようなもの。
左上の、俯瞰写真に対して、図面を90度反時計周りすると、位置関係が合います。
ただ、照明バトンには、今回使用しない灯体も吊り下げされてはいますけれど。
DSC05345_2sDSC05354_2s

そして、スタジオフロアーの上にある「サブコントロールルーム」。
こちらの照明調光卓でも、スタンバイ作業。
左上の写真では小さくて見づらいのですが
沢山並んでいる「フェーダーレバー」に、灯体を割り付ける作業など。
主に、どのレバーを操作すると、どの灯体が点灯するか、を決めているわけです。
 
これが終わると、「点灯チェック」。
プラン通りに指示通りに、点灯するかを確認していきます。