2011年7月 のアーカイブ

IMG_1923sIMG_1932sIMG_1928s
 前期の授業、最終日の29日金曜日。
「前期」というククリでの授業は、確かにこの日をもって終了するわけですけれど、8月から9月終わりにかけて実施される、短期集中的授業は、実は盛り沢山。こうして、専門学校での「2年間」は、より高密になるのです。
 
 そして、4月から、何度がご紹介させていただいている、本校5学科の2年生のが参加しての実習授業「ドラマ制作」。この実習も、今後さらに高密に、ペースを上げて、ドンドンと突き進んでいきます。
 
 写真はそれぞれ、「ドラマ制作」の制作・演出系を担当する、放送芸術科の学生による、制作会議。
 
 今回の主なテーマは、「撮影場所」。
 前回の「ドラマ制作のロケハン」でお伝えしましたが、作品創りの土台とも言える撮影場所は、非常に重要。
 しかも、撮影で使用させていただくためには、「撮影許可」も必要でしてね。
 既に決定した場所についての説明や、今度検討する撮影場所に対する提言なども、いろいろと。
 ストーリーボードに関わり、加えて、いろいろな条件を満たす撮影場所を決定するために、更なる努力が続きます。

IMG_0331sIMG_0344sIMG_0319s
 はい、「夏ならでは・・・」のもう1つ。もう、写真をご覧になれば解るかと思いますが、「水着」でございました。
 
 水着が絡む問題、「今年、流行の水着は?」ということでして、いわゆるミスコン系なコンテストではなくて、水着のデザイン。番組のジャンルは、あくまでも「情報番組」ですから、水着の女性ではなくて、水着そのもの。
 けれども、海でもプールでもない、エアコンが効いているテレビスタジオでの水着姿。番組制作に協力していただいた、モデルの皆さんには、感謝ですよね。皆さん、学生の友人の方々です。 
 ちなみに、その、今年の流行デザインは、2枚目の写真、3名の中央に立っていらっしゃる方の水着だそうです。
 
 そして、3枚目の写真。ちょうど、水着に関する問題中のカメラマンの様子。
 当然と言えば当然ですけれど、非常に真面目で、真剣な表情ですよね。
 
 被写体が何でどうであれ、視聴者が何を見たいのか、これを想像して意識して撮影するのが、カメラマンに求められる大事な要素の1つ。そのような意味では、冷静に客体的に観察して、レンズを向ける、ということ。
 これは、欠かせない能力なのです。

IMG_0275sIMG_0298sIMG_0299s
 さて、テーマは「夏!」の番組、その名も「夏く〜いず」。
 タイトル通り、「夏」をテーマにした、クイズ形式の番組。内容は、花火に関する問題、暑さを和らげる節電お役立ちグッズの問題、そして、もう何と言っても・・・など。
 こうした、番組のテーマ、そしてその中の細かな構成を考えるのも、もちろん学生。制作・演出系の役割を担当する「放送芸術科」の学生なのでございます。
 
 写真1枚目は、リハーサルの合間に、司会を担当するお二人に近づいて、話をしている様子。
 フロアーディレクターを担当する学生が、ディレクターからの指示や自らの判断を交えて、番組進行に関わる説明やお願いをしています。
 
 2枚目は、クイズの回答者を担当するプロのタレントの方々に、同様に説明やお願いをしているところです。
 
 何の指示をしているか、というと、罰ゲームにあたる、ある食べ物に関する事。 
 ではいったい、なぜ、このような説明が必要なのか、というと・・・
 うーん、やはり、「テレビの神秘!」。
 厚さ5センチくらいの、高密なベールをかけておきましょうか。(笑)
 
 そして、もう1つの「夏ならでは」は、いかに・・・。

IMG_0287sIMG_0288s
 8月が間近に迫ってきているここ数日、東放学園専門学校がある東京都では、何となく、梅雨空に戻ったような天候。
 梅雨明けが早い夏は、真剣な暑さも小さく、そして分散化傾向にあるようでして、そのオウドウを突き進んでいる様ですよね。
 これを書いている28日木曜日の夜、雨が凄いです。
 
 そんな中、あえて、もう、非常に「夏〜っ!!」という雰囲気の美術セット。「番組制作演習」7月初めの模様を、ご紹介しましょう。 ・・・と言うと聞こえは良いですが、はい、ご多分に洩れず、紹介させていただきたい記事が溢れていて、遅れちゃっているのでございます(苦笑)。すみません。
 
 うーん、浮き輪に扇子に海に太陽、祭りに風鈴 麦わら帽子・・・(しみじみ)。
 さて、この「夏夏しい環境」の中、いったい、どんな番組がどんな雰囲気で完成していったのか。
 今後、明らかに!

 
 笑顔も見られて、格好も良い。そして、肉眼で被写体を観る余裕もあり、堂々としている。
そんなカメラマンは、実は東放学園専門学校「オープンキャンパス 体験入学」に参加された、放送技術科 体験生の方。
 美辞麗句の褒め言葉を並べ立てたわけではなくて、動画をご覧の皆さんも、同じように感じられると思います。
 
 しかし、体験生の方々、優秀な方が多いなと、普段から驚かされることも度々なのでしてね。今回は、その代表として、動画掲載の許可をいただいて、ご紹介させていただきました。
 
 左側に黒色のTシャツを着ている女子学生。優しいお姉さんのように教えていたのですが、この時ばかりは、静観する姉貴!という雰囲気。
 双方、お互いに頼もしいですね〜。

IMG_1366sIMG_1390s
 ここでご紹介するのは、久しぶりですね。東放学園専門学校「オープンキャンパス 体験入学」です。
 
 体験入学に参加された方の話を聞くと、
「東放学園は、・・・が気持ち良い」
「東放学園の学生は、・・・で元気が出る」
「東放学園の・・・が凄い」・・・などなど。
 三点リーダーの部分が何か!?(笑) 
 気になる方は、実際に参加していただき、ご確認いただければと存じます。
 
 オープンキャンパス 体験入学の今後は、「保護者のためのテレビ業界講座」として、TBSテレビで長年、そして数々の名作ドラマの「TD(テクニカルディレクター)」を担当してきた、本学園の島﨑顧問が、「ここだけの話的!」テレビ制作制作過程のお話を。
 そして、「業界ナンバーワン!ロケ弁当プレゼント」として、放送・メディア業界 超!御用達の、有名で美味しいお弁当を、午前の部の参加者全員にプレゼント。と、スペシャル盛り沢山です。
 (詳細はこちらをご覧ください)
 
 みなさん、どうぞ、お気軽にご参加ください。

デジタルは砂嵐なし

2011年7月25日 雑感

IMG_1401sIMG_1404s
 あ〜、終わりましたね、昨日、テレビのアナログ放送(岩手・宮城・福島の三県を除く)。
 まあ、「終わる」というより「変わる」というイメージを持っていたのですが、ある放送局の特別番組では、テレビ創設期からの、昔の映像が沢山流れていて、それを観ると、確かに、1つの大きな事が終わった、ということに等しいのかな、と思ったしだい。
 
 しかし、本当に終わった事が1つ。
 それは、今回2枚目の写真の、通称「砂嵐(スノーノイズ)」です。
 
 昔、夜更かしした夜は、テレビの眩しさで、夜中に1回、起きることもあったわけですけれど、その、起こしてくれていたのは、この砂嵐。
 また、早く起きた朝は、テレビをつけて、砂嵐から正常な映像が見られるのを心待ちにしていた、なんて事もあったのです。
 けれど、この砂嵐は、アナログテレビ放送特有の、ノイズ。
 デジタルテレビ放送では、見られないのです。

IMG_9919sIMG_9920sIMG_9922s
 陽もすっかり暮れた、ある日の放課後。場所は、プリズム21校舎 1階ロビー。
 学生が、次々と帰宅の途に就く中、1人、テーブルに向かう学生。
 通りがかる僕を一瞥(いちべつ)し、そしてまた、手許の工房へと、その世界を戻す。
 やや薄暗い、広くそして1人の世界。
 そこに、密度の濃い、ヘッドライトの光が1つずつ規則的に、彼女の背後を通り過ぎていく・・・。

 
 ・・・とまあ、たまには違うテイストで、ドラマのト書きふうに、書いてみました(笑)。
 
 けれど、実はこれ、全部事実でしてね、テレビ美術科の学生が、「番組制作演習」のスタジオ美術セットの図面を書いていたんですね。
 人が沢山いて、明るく活気に満ちあふれている事が多い、ロビーですけれど、時間という1つの環境が変わると、そのシチュエーション全体が、大きく換わるわけです。
 
 何と言ってもチームワークの、この業界。
 しかし、その背後には、個人の不断の努力がある。それを持ち寄って、初めてチームワークが成立するのです。

IMG_1196sIMG_1253sIMG_1337s
 はい、前回のつづき、実習授業「ドラマ制作 ロケーションハンティング」です。
 前回の2枚目の写真は、都内郊外の、ある公園。担当の島﨑顧問が説明をしながら、学生と共にロケハンを進めているところ。
 ストーリー中、出演者が歩くシーンに関して、適切な場所かどうか、ここを選んだ場合、どの場所を歩く事にするのか。考慮する材料は、大まかな周囲の環境から、広さ・奥行き、撮影時間や太陽の方向・影、周囲の騒音や人通り、撮影に使用する機材等の設置場所や駐車場の位置などなどなど・・・。この他にも、書ききれないほど沢山あるのです。もの凄く、奥が深い!
 
 本日2枚目の写真は、撮影にご協力いただく予定の、都内のある学校舎内の廊下。
 校舎内、とても広いのですけれど、いろいろな事項を勘案し、ほぼ決めウチのピンポイントで、想定される演技場所を決めていきます。
 
 今回、ロケハンを行ったのは、放送芸術科の2年生。プロデューサー担当やディレクター担当の学生と、ドラマ撮影の基盤を作り上げる役割の「制作進行」の担当者や、アシスタントディレクター担当など。
 もちろん、ロケハンは、この1度だけではなく、様々なスタッフが参加してのロケハンが、何度か繰り返されるのです。

IMG_1160sIMG_1186s
 1枚目の写真をご覧いただくと、いかにも課外授業ふうですよね。
 場所は、神奈川県のある場所。京王電鉄相模原線の、ある駅。集合場所となっている改札口近くでのヒトコマです。
 
 さて、一体何の授業かというと、今まで何度かご紹介している、実習授業「ドラマ制作」。
 今日は、撮影予定(候補)場所での、「ロケーションハンティング(ロケハン)」でして、写る人は、担当の本学園 島﨑顧問と、学生達です。
 
 このロケハン、ドラマの撮影においては、かなり!かなり重要でして、これによって、ロケーションの進行具合や作品の「でき」を、直接左右する、非常に大切な過程。細かく念入りに行うことが必要とされるわけです。
 (つづく)