2013年1月 のアーカイブ

IMG_1766sIMG_1771s

スタジオには、大抵「マイクロフォン ブームドリー」がいくつか設備されていて
それを使用するわけですが、あくまでもスタジオでは、ということでしてね
それでは、ロケーションはどのようにするのか、というと、もう、手で持つしかないのです。
通称「竿(さお)」と呼ばれている、伸び縮みする棒の先に
マイクロフォンを取り付けて・・・という手法。
一番の難しさは、場合によっては「長く」そして「重たい」ということ。
3・4メートル以上、伸ばして使う事が頻繁にありますからね
マイクロフォン本体は軽くても、長くなる分、支える力はドンドン大きくなるわけです。
 
先に、担当職員がやって見せて、コツを教えながら、学生がチャレンジ。
カメラや照明、芝居の邪魔にならぬよう、立つ場所も持ち方もいろいろ。
いずれにしても、普段はあまり使わない筋肉も必要ですから、慣れるまでは、大変でしょうね。
放送音響科「テレビ音声実習 」です。
(写真撮影:放送技術科職員 伊辺)
IMG_1770sIMG_1777s

IMG_1748sIMG_1742s

さて、つづきです!
前回、文字数増のため、割愛した写真の説明ですが、前回の下段左は、ブームの先に
マイクロフォンを取り付けているところ。
そして、前回の下段右の写真、黄色い物体を操作しているのが見られると思いますが
これは、ブームの前後方向のバランスを取るための、ウエイト(重り)。
 
・・・と、一通りの機能やセッティング方法を学習した後が、本日の写真。
いよいよ、操作編へと進みます。
 
それぞれの写真、左手で持っているものは、先に取り付けられたマイクロフォンを
水平方向に向きを変えるための、ダイヤル。
使用しているマイクロフォンは、「向き」がとてもシビアでしてね
例えば、口元に正しく向いていないと、しっかりと収音できません。
そして、右手は、台車の舵機構を操作(タイヤの向きを変える)ハンドル。
役者を見て、耳で聞いて、台本を見て、マイクロフォンの向きを変えて、台車自体を操作して・・・
と、熟練技が求められるのです。
(写真撮影:放送技術科職員 伊辺)
IMG_1747sIMG_1758s

IMG_1780sIMG_1788s

シリーズとして、お伝えしている「ドラマ的!週間!」。
ドラマ収録用の美術セットが建てられている本校のテレビスタジオでの
各学科の実習授業の様子を、紹介ているものでして
1月19日の「照明編」に続いて、今回は、「音声編」でございます。
テレビスタジオでの「ドラマ音声」と言えば、まずは「マイクロフォン ブームドリー」。
マイクロフォンを持って芝居できない、マイクロフォンの存在を見せられない・・・
それらの事情や制約を解決手段の1つとしては、カメラに写らない、遠くから、収音するということ。
そのために「マイクロフォン ブームドリー」があるのです。
 
左上が、その機材が写っている写真。
移動させるためのタイヤ(ドリー)が取り付けられている台車に支柱が立っていて
それが、伸び縮みをする棒(ブーム)を支えている、という構造。
そのブームの先に、狙った音を比較収めやすい「ガンマイク」を取り付けて・・・(左下の写真)。
放送音響科の実習授業です。
つづく・・・。
(写真撮影:放送技術科職員 伊辺)
IMG_1793sIMG_1805s

20130127brogs
 
さて、1月28日はどんな日か、というと「コピーライターの日」。
ちょっと面白いところでは、「衣類乾燥機の日」なのだそうで。あるいは
今年も「あと337日で終わりの日」。あ〜これは、面白くないですね(笑)。
いや実は、当オフィシャルブログ「すぎなみ日和」がスタートした日、なのでございます。
 
そして、2010年からスタートして、今日で、まる3年。
言わずもがな、ここでは「学校の様々」のごく一部しか、紹介できていませんけれど
本校に興味がある高校生や在学生、加えて、在学生の親御様、卒業生や就職先の企業の方々も
大勢様、ご覧になっていただいているようでして
誠に、ありがたい限りでございます。
 
今後も「すぎなみ日和」を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_1131sIMG_1157s

自由課題の、作品のテーマが決まった後は、そのテーマの時代や場所の設定。
そのテーマの物(構造物)は、現在に建つものか昔に建つものか
あるいは、その物はどこにあるのか、たとえば、郊外の田園か海の近くか都市か・・・
このようなそれぞれの設定によって、デザインが大きく変わりますからね
それを、話し合いながら、再び多数決をとっている様子が、上の2枚の写真。
 
そして、このゼミを担当する、講師の遠藤先生から
それを製作するのであれば、たとえば、このような配置・デザインに、というアドバイスがあった後
デザインを担当する学生などが、デザイン案を提示。
よーく見ると、何を製作するのか解りますかね〜。
しかし、まだ、内緒にしておきましょう。(笑)
IMG_1150sIMG_1162s

IMG_1135sIMG_1130s

普通教室ではない雰囲気のスペースで、学生がホワイトボードに、何かを・・・
それに向かい座っている学生、そして、背後から様子を見守る、職員と現場でも活躍している講師の先生。
右下の写真では、手を挙げている学生もいて、何か多数決をとっているようにも・・・。
いったい、何の授業かというと、テレビ美術科1年生「遠藤ゼミ (大道具操作実習)」です。
いわゆる「つなぎ」と呼ばれている作業服にヘルメットで
作業に、熱心に打ち込む姿を紹介する事が多いですけれど、今回はちょっと違った雰囲気ですよね。
 
この授業の最後は、学生自身で製作するものを決める「自由課題」がテーマ。
みんなで話し合いながら、「何を製作するのか」を決めている様子なのです。
IMG_1143sIMG_1137s

まずは、学生がオペレートをする。やがて、プロの編集マンからアドバイスを受ける。
再び学生がオペレートをして、今度は、プロの編集マンによる、手際の良い高速オペレートを見学し
そして、それらを参考に、また学生がオペレートをする・・・という
実践形式の、とても勉強になる作業が、ちゃくちゃくと。
「ドラマ制作 2012」。Avidを使用したオフライン編集です。
今回は、その「プロによる高速オペレート」の様子を、動画でご覧いただきましょう。
 
この様子を観察して、見事に、学生も、オペレートの速度をしだいに上げていきました。

DSC08662sDSC08660s

前回に変わって、また別の日の編集作業。
この日は、授業に関わらない1年生が、勉強のために見学。左上の写真、後ろに立つ3名です。
ところで、前回と今回紹介しているのは「オフライン編集」でして
映像編集は、その過程によって、「オフライン編集」「オンライン編集」の2つに大別されるうちの前者。
撮影素材のコピーを使用して、オンライン編集のための編集データを構築させる「仮編集」・・・
というのが、まあ教科書的な説明ですが、実際には、ここに書ききれないくらい、奥が深い。
特にドラマの場合は、このオフライン編集で
撮影素材の使い所が決まったり、ストーリーのテンポが決まったりと
つまり、この時点で、ドラマの面白さが決められる、という過程なのです。
 
今回も、担当の学生間で交代したり、指導講師のプロの編集マンがお手本を見せてくれたりと
内容が濃い、オフライン編集が進行中です。
DSC08674sDSC08696s

DSC08592sDSC08602s

都内のある公園などでのロケーション・スタジオ収録を終えて
クランクアップした「ドラマ制作 2012」。
けれどもしかし、映像編集作業やMA作業など、完成までの重要な道のりは、まだ長く残っているのです。
 
やや薄暗い写真が4枚。ここは「Avid room 〜ノンリニア編集室〜」。
今年度から「ドラマ制作」を指揮する、本学園の倉谷顧問や担当職員
そして、ディレクター・タイムキーパーを担当する放送芸術科の学生
編集を担当する、放送技術科の学生というメンバー。
これに加えて、主にTBSテレビで放送されているドラマの編集を、数多く手がける「高池 徹さん」が
お忙しいスケジュールの中、特別講師を担当してくださいました。
(高池さんの「高」は「はしごたか」です)
 
学生数人で交代したり、高池さんからのアドバイスを貰ったりしながら
まさに、実践形式の高密度な実習授業が、進んでいきます。
DSC08612sDSC08626s

DSC04710sDSC04702s

さて、この光景のご紹介は、かなり久しぶりではありますが
当ブログでの紹介が久しぶりなだけでですね、実際にはもっと頻繁に行われているのです。
「杉並・わがまち クリーン大作戦」!!
老若男女関係なく、大勢の職員が一眼となって、学校の周囲を綺麗に。
 
ただ、路面のゴミを拾うだけでなくて、「トング(大きなピンセットのような物)で拾えるものは
植え込みの中であろうが、柵の中であろうが、何でも拾います。
 
刑事ドラマに出て来そうな職員の島津と、それを相手に笑顔の職員岡崎の2ショットが印象的!(笑)
DSC04704sDSC04708s

参加職員は、撮影のタイミングが悪くて、どの写真にも写っていない、坂口・吉永
そして下の集合写真、女性3名左から、長嶋・植松・伏見
その背後に立つのは、左から萩原・山路・吉原・加藤・石原・平野
それに、島津・岡崎でございました。
DSC04724s