2011年12月 のアーカイブ

DSC02094s
昼間の時間が一番短い「冬至」を過ぎると、冬も、そろそろ折り返し。
続く寒さより、「光」は、先行して春へ。
寒さを補うように、囲いの奥まで来てくれていた陽射しも
土を木々を暖めることに、その力を変えるのですね。

 

DSC02137s
「時が経つのは速い」と感じる事が多い、この時期ですけれど
今年は、時期によっては速く、そして遅く。
また、人によっては速く、そして遅い。そんな1年だったのでしょうか。
 
1年間、お疲れさまでした。

DSC01669sDSC01709sDSC01796sDSC01628s
 さて、夜中は「大晦日イブ」。
 帰省中の方も大勢いらっしゃる中、年末年始に向けた仕事の準備をしている卒業生も、やはり大勢いらっしゃるようですね。
 当ブログは、お伝えすることが山積の中、引き続き・・・。
 
 写真は、前回は12月21日にご紹介した、放送芸術科「スタジオ番組制作」です。
 スタッフが手分けをして美術セットなどのスタンバイと同時進行で、ディレクターなどは、MCをお勤めいただく車谷絵里さんとの打合せ。
 例外ない事とは思いますが、事前の打ち合わせが、その後のスムーズさやクオリティーに繋がりますからね。言うまでもなく重要な、出演者との打合せです。
 1枚目の写真、中央に座る学生が、ディレクター。最初は緊張気味で、真剣さが際立つ表情でしたが、やがて笑顔も。2枚目の写真です。
 
 一方、スタジオでは、他のフロアーディレクターなどのスタッフが、リハーサルから本番に向けた細かなスタンバイを。
 3枚目の写真は、職員のアドバイスを受けながら、出演者のための「カンペ(カンニングペーパー)」の製作中。
 カンニングといっても、あくまでも、事前の打合せや本番進行の補完的な役割を負うもの。言葉のイメージとは、かなり違いますよね。
 
 そして、4枚目の写真。カメラで撮影する「フリップボード」の位置調整中。
 実際に撮影している映像を見ながら、角度を細かく正していきます。

DSC05550sDSC05566sDSC05586s
 大きいということもあって、このブログでは、スタジオカメラ(デカカメ・スタンダードカメラ)や、それを使って練習している場面が登場することが多いのですけれど、ハンディカメラ(ポータブルカメラ)も大事。「も」というよりかは、特にスタジオでの番組においては、カメラマンとしての登竜門は、まずは、ハンディカメラを担当することが多いのです。取材用のカメラもハンディスタイルですしね。
 肩に担いだり、レンズを直接操作したりするので、スタイルが重要。これが正しくないと、上手な華麗な操作は不可能ですし、体を壊してしまう事にもなりかねません。
 
 写真は、放送技術科1年生の実習授業中の様子。
 ハンディカメラを構えて、1人ずつ、構え方のアドバイスをしているところ。
 
 「肩に担ぐ」とは言いますし、間違えではないですが、「片を支えにして両手でしっかり持つ」が、少々近いでしょうか。肘を自然にシメて、背中をあまり反らせないように、右足に重心を置いて・・・という感じ。
 
 普段の生活では、あまり使わない筋力を必要としますから、最初はちょっと大変かもしれませんね。
 まあこれでも、昔に比べれば、かなり軽くなっているのですよね〜。

DSC03788sDSC03794sDSC03792s
 この写真は、ぜひとも載せたい、そしてご覧いただきたいと思っていたのです。
 ヤスリで、ひたすら削り続けるテレビ美術科の学生。発泡スチロールの小さい粒を、ほぼ全身に被りながらの、熱心な作業。こうして、わざわざ解説するまでもないでしょうね。これでも、実際のそれほど、写真では見えていないのですけれど。
 無心になって真剣に取り組む。「もの作り」には、どんなジャンルにおいても、少なからずこのようなシチュエーションがあるでしょうね。
 もちろん、こうして取り組んでいる学生のすべてが、将来、造形職人になったりその仕事だけをし続けるというわけではないわけですが、取り組む気持ちは、この先のあらゆる事に通用する、大切な姿勢かと思います。
 
 2枚目の写真。前回の「削って凹凸を作る」造形のモデルが、左手で持っている空き缶。
 しかも、くしゃりと潰れていて、要するに、このシワやタワミを、造形で表現しようとしているのです。
 
 大まかな削りがある程度進むと、次は、細かいディテールの削りこみに。3枚目の写真。
 凹凸を作るために、改めて、線や模様などを書いていきます。

DSC02883sDSC03800sDSC03804s
 ひたすら、「切る」「削ぐ」という作業に打ち込む、テレビ美術科の学生。「造形制作実習」です。
「黙々と」という表現がありますけれど、この言葉が非常に合致する様子。そしてこの「黙々」が、もの造りの1つの醍醐味だと思うわけです。観察している側の人にとっては「だまって、ただひたすら」ですが、打ち込む本人にとっては「真剣にやり続ける」という、熱心な意気によるもの。これを持ち続けると、やがて「匠」へと歩むのでしょうね。
 
 さて、今回紹介する道具は、リョービ株式会社の製品「サンダ」です。
 つまり、「電動紙ヤスリ機」のような道具でして、紙ヤスリが付けられた平らな部分(パッド)を振動させ、削っていく仕組み。
 
 2枚目の写真は、ちょうど、その道具を使用しているところ。
 細かいスチロール片というか小さな粒が出るので、掃除機のノズルを当てて吸い取っていますが、それでも、どうしても、被ってしまうのです。
 
 3枚目の写真。ご覧いただくと、発泡スチロールの表面に凹凸があって、それを削っている姿だと思うかも知れませんが、ほぼその逆。
 むしろ、凹凸を作っているのですよ。
 何に仕上がるのか、楽しみですね。

DSC01010sDSC01066sDSC01093s
 本年5月頃から、断続的に紹介している「ドラマ制作」。
 当ブログ、左側にあるカテゴリーで選択していただくと、抽出して閲覧できるようになっています。
 どうぞ、ご利用ください。
 
 ドライリハーサルに続き、カメラ番号を入れる技術打合せが行われると、それと前後して、いろいろな手直し。映像・音声や照明の各セクションが、本番収録に向けて、さらに吟味の準備を着々と進めます。
 1枚目の写真は、テーブルの上の「物」の位置などを決めているところ。
 実際のテレビドラマでも、何気なく置かれている、そのように表現されている物でも、意図的に、そのように置かれていることばかりでしてね、解りやすい光景の表現は欠かせないわけです。
 カメラで撮影している映像を観ながら、「物」の位置を、細かく修正します。
 
 出演者の方に対しては、本番開始直前に、メイクアップの充実を。
 綺麗に見せる、というよりかは、「それらしく魅せる」というのが、真。
 2枚目の写真です。
 
 そして、いよいよ、撮影開始です。

DSC01407sDSC00920sDSC00945s
 1枚目の写真。
 写真に写る人のほぼすべてが、同じような立ち方で、同じような台本の持ち方をして、整然と並んでいる様子がご覧になれると思います。もちろん、これは、撮影用にポーズを決めているのではありません。
 それぞれのスタッフが、その目的を達成するための手段をとると、同じようなスタイルになる。必然的に、こうなるのです。
「ドラマ制作」スタジオ収録です。
 
 ドライリハーサルが終わると、カメラ番号を入れることなどをする、技術打合せ。
 スタジオでは、複数台のカメラを使用して、切り替えて収録していくことが多いわけです。台本には、この台詞のこの部分で、この演技のこの部分で、というふうに、切り替えるタイミングやカメラワークなどの「コンテ」が、あらかじめ書かれているのですが、「どのカメラがそのコンテのカットを担当するのか」これは書かれていません。
 そこで、ドライリハーサルを終えて、芝居の動きなどが確認された後に、それぞれのカットを担当するカメラを決めていくのです。
 2枚目の写真は、その技術打合せの様子。

2011112501
写真は、照明クリエイティブ科のホール実習。背景のホリゾントに、光を灯す実習の様子です。
シルエットは、それを見守る学生たち。色 明るさ 影が作りだす、幻想的な光景。
けれど、写る学生の気持ちは、勉強や経験に、手向けられているのです。

 

DSC02715s
卒業生の話を聞くと、一晩中編集室にこもっていたり突発取材に備えてスタンバイをしていたり
パーティーに参加したり料理を一生懸命作ったり・・・。
クリスマス。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
 
年内の授業はすでに終了。学校も学生も、冬休みに入っています。
いつもの活気、いつもの音、いつもの光も、しばらくお休み。

 

DSC04565s
クリスマスというと、街中のあちらこちらで、観られる、光。
光そのものだけではなく、灯されているものによっても、光は広がり奥行きを持ちますね。
だから、何をどう観るのか、によって、感じ方が変わるのです。

 
(写真1枚目:oohashi-m)

DSC02899sDSC02895sDSC02893s
 1枚目の写真をご覧いただくと、ちょっと見慣れない道具を手にしている姿が。
 発泡スチロールにおける包丁とは、切断というより「削ぎ落す」というニュアンスに近いのですよね。
 表面を均一に切り落とす、というのとは違って、体積を減らす・膨らみを減らす、と言う感じに近い。美容室における「すきバサミ」みたいなものですかね(ちょっと違うかな?)。
 テレビ美術科「造形制作実習」の様子です。
  
 手にしている黄色い物体ですが、これは、白光株式会社の製品「スチロールカッター」。
 ご自分で、飛行機の模型などを造作される方にはお馴染みの、その分野においては、非常にメジャーな製品ですよね。
 3枚目の写真をご覧いただくと解ると思うのですが、電流を通してニクロム線を熱して、気泡混合ポリエチレンを溶かしながら切断加工していく道具です。
「削ぎ落し」と違って、表面の仕上げは滑らかになるわけです。
 
 2枚目の写真。まさに加工中の学生の様子ですけれど、非常に真剣な表情。
 素直に、カッコ良い、と思います。 
 

DSC02833sDSC02801sDSC02807s
 テレビ美術科は、主に「デザイン」と「製作」がテーマ。今回紹介しているのは、製作系の実習授業の1つでしてね、絵を描くデッサン系の授業から、ヘルメットを被っての授業まで、実にモリダクサン!なのです。
 さて、「造形制作実習」、寸法が入れ終わったら、いよいよ造形作業の開始です。
 
 切断したり整形したりするのには、いろいろな道具を使用するのですが、まずは、大きくザックリには、「包丁」なんですね。
 怪我をしないように、慎重な作業です。
 
 それぞれがそれぞれのスタイルで、黙々と。たまに、楽しそうな雑談も散見されますけれど、手は動いている、という様子。当然の事ながら下を向いての作業ですからね。背中とか頭という光景になりますね。
 ちなみに、白い袋が見えますが、これは、発泡スチロールから出る、切粉対策。基本的には、この袋の中で切断などをしていくわけです。
 
 ある程度、切断が進むと、モデルの物と対比させながら、再び寸法を図って確認。
 足らなければさらに切り進めば良いのですが、過ぎてしまうと、どうしようもないですからね。確認に次ぐ確認をして、丁寧に進めていきます。