2013年7月 のアーカイブ

DSC08318
上の写真。向かって正面側の方々に、アルファベットが書かれた紙。
高さも角度も散っているように掲げられているわけですが
それを、出来るだけ短時間で撮影する練習でして
勝手に名付けまして「Target and Attack!」。
 
それまでは、カメラ自体を動かすというトレーニングがメインで
手先腕先だけでなくて、体で力を与えて動かすという操作方法を学んできましたけれど
徐々に、撮影する練習が、それにプラスされていっている 
放送技術科1年の、実習授業です。

DSC08325DSC08243

ただ、目標のアルファベットにレンズを向ければ良い、のではなくて
素早くフレームに入れて、フォーカスを合わせて、適切なサイズにする・・・。
しかも、上に書いた通り、角度も高さも距離も違いますからね
当然の事ながら、サイズもフォーカスもその都度合わせる必要がありますから
簡単に見えるかも知れませんが、意外に難しいのです。
とにかく素早く! 少しでも速く一連の作業を終えなければならないのですしね。
DSC08260DSC08245

DSC09184DSC09145

学校を、そして本校を知っていただくためには
当ブログを含むWEBサイト・学校パンフレットを始めとして、いくつかの手段がありますけれど
やはり、「オープンキャンパス 体験入学」を代表とする
在学生の姿や表情や、そのまま「生」でご覧いただける
そして、在学生と話をできるチャンス沢山ある、イベントに参加していただく、これが一番。
「東放学園らしさ」「本校の良さ」は
そのようなコミュニケーションによって、最も効率的に感じられると思うからです。
 
けれどもしかし、そう簡便にイベントに参加できない
本校から遠方にお住まいの方もいらっしゃいますからね
手段に関わらず、しっかりとお伝えする努力はさせていただいていますが
その場で、観て感じていただくということに、勝るものはありません。
この夏休みもこの先も、「オープンキャンパス 体験入学」など何度か開催されますので
どうぞ、ご参加ください。お待ち申し上げております。
DSC09203DSC09164

DSC09072
写真は、当ブログでは何度か紹介しているテレビスタジオ。
そして、一見、特に珍しくないスタジオでの実習風景に見えますけれど
実は、「オープンキャンパス 体験入学」
放送芸術科と放送技術科の、スタジオ実習体験の様子です。
もの凄く簡単に説明すると「音楽番組を製作する!」という内容。
紹介する当日の歌手は、東放学園高等専修学校の学生さんのお二人だったのです。
内容の特性上、一日に何度も歌っていただくことになるわけですが
毎回一生懸命に、しっかりと歌っていただいて、こちらも、一層引き締まる思い。
ご協力いただいて、ありがとうございました。

DSC09127DSC09177
DSC09106DSC09141

DSC02548DSC03601

第二フェーズに入ったと言っても、単に1回だけ情報番組を制作するというわけではなくて
曜日やクラス、その中のグループ毎にに分かれての、合計8番組の制作。
「他のグループと、完全に同じ内容はダメ」という明確なルールはありませんが
各グループ共に競い合うように、試行錯誤し切磋琢磨しながら・・・と
ごく自然に、このようなスタンスになるわけです。
 
左上の写真も右上の写真も、それぞれが前回の紹介とは違うグループの様子でして
特に左上は、美術セットのパネルが5色に分かれて
それぞれに、学科の特徴を象徴とするようなイラストが、描かれています。
そして、下の2枚は、あるグループのディレクターを担当する学生。
真剣な表情も、たまに見られる笑顔も
本物のディレクターっぽい雰囲気が、じわりじわりと、伝わってきます。
DSC02529DSC02539

DSC02582
当ブログで先月、18日19日にお伝えしたのは「番組制作演習 音楽番組」の最後。
その後、同授業は第二フェーズに入りまして、新たな課題は情報番組。
ここでのこの紹介のタイミングとは関係なく、実際には6月から7月にかけての実習です。
 
上の写真は、その美術セットと出演者の方々。
左下の写真、向かって右側に座っている5人は、今回のゲスト出演者です。
格好が五者五様で、ヘルメットを被った学生もいますけれど
実はですね、左手前から本校の5学科である、放送芸術科・放送音響科・テレビ美術科
それに奥の2人が、左から放送技術科・テレビ美術科の学生代表なのです。

DSC02575DSC02585

2013072805
上の写真、テレビ美術科の作業工房で、完成したばかりの番組タイトルでして
出演者の背景に掲げられるサインを、テレビ美術科の2年生が製作したものです。
ヒップホップアートなデザインが、陽気で印象的。
手が込んだデザインで、丁寧に作られていますけれど
もちろん、学生達による手造り。
 
そして、裏はどうなっているのか、というと、左下の写真。
実は、木製なのですけれど、1枚のベニヤ板だけではなくて、
補強と取り付けの簡便さを考慮して、タル木で枠組みされているわけです。

20130728012013072803

それをスタジオに持ち込んで、背景に取り付けている作業が、右上の写真。
これもやはり、ただ掲げるだけではなく
カメラ写りはもちろんの事、途中で外れてしまう事などがないようにと配慮。
番組では、もっぱら表だけが写るということになりますけれど、多くの工程をクリア。
ただ描く、ただ掲げる、ただ見せるだけではなく
それを達成するためには、いろいろなノウハウや努力が伴っているのです。
(原稿原案・写真:職員 石原)
DSC08815

2013071201
本番・撮影準備に向けて、着々と準備が進む「ドラマ制作 2013」。
9月上旬のロケーションやスタジオ収録まで、1ヶ月と少し。
放送芸術科の学生を中心に、毎週末に行われている授業では
学生の表情も、さらに真剣に。
 
これらの準備過程での充実度、そして吟味が
撮影当日の密度や作品の完成度に、そのまま影響するのです。

夏休みと言えば〜〜

2013年7月23日 雑感

DSC08685
東放学園専門学校がある、東京都、そして関東地方は
7月に入って、これから梅雨本番という時期に、「梅雨明けしたとみられる」との発表。
けれどもしかし、先週からは、朝晩涼しい日も、雨降りも増えて・・・。
そして今週に入って、都心部や、関東地方平野部の小学校や中学校は、夏休み!
 
小学生時代の夏休みと言えば、アサガオがその象徴の1つ。
いろいろとセットになっている鉢に、梅雨時に種を植えて、観察するなどして
夏休みになると、家に持ち帰る、というシステムでしたけれど
今でも、変わりありませんかね〜。(笑)
  
東放学園専門学校も、前期の定常授業終了まで、ラストスパート!です。

DSC06908IMG_1838

DSC07138DSC07179

そして、前回紹介した学生が、「Vectorworks (ベクターワークス)」
(PCのCADソフト)で製作していたデザインの実際。これが左上の写真。
まだ、照明シュート中の光景でしてね
明るさや灯体の向きなどの調整中ですから完璧な状態ではないですけれど
夜空に浮かぶ綺麗な花火。「夏」「夜祭り」がテーマです。
 
右上と左下の写真は、他の照明スタッフと話し合いながら、調光操作中の様子。
向かっている機材は、「照明調光操作卓」。
実際の撮影画面を見ながらの、追い込み調整です。
 
あまり良い写真でなくて恐縮ですが、右下の写真が、本番直前の様子で、完成されたライティング。
花火も一層艶やかに、華麗に。とっても、「夏祭り!」です。
DSC07196DSC07155

DSC05652DSC05660DSC05659
 ここ3〜4年程度で、学校内の方々で、学生がPCを使って作業をしているという光景、随分と見る機会が増えました。
 WORDなどのビジネス系や、映像編集での使用はもちろんの事、図面を製作したり編集したりするのも、一部を除いてPC化されて久しいですよね〜。
 
 1枚目の写真。放課後のロビーで、PCに向かっているのは、照明クリエイティブ科2年の学生。
 「Vectorworks (ベクターワークス)」というソフトウエア。美術セットの配置などが指示されている、テレビスタジオの図面に、必要な照明を配置していく作業です。あらかじめ、テンプレートとして用意されている、各種灯体(ライト)を、その図面上に、トレースしていくわけです。
 
 こうして、書かれる説明は単純ですけれど、まず、このソフトウエアを使えるということ。そして、光の演出を考えながら、電源の容量や照度のバランスも考えて・・・という、非常に緻密な吟味が要求される、大切な作業なのです。