2012年5月 のアーカイブ


 ということで、本番前日にテレビ美術科が建て込んだ美術・大道具。
 実際にどのように使用されたのかを、「いきなり!」の本番中動画でご覧いただきましょう。
 番組制作演習の本番、CM中の転換の様子です。
 
 15秒の短時間で、歌のコーナーからトークのコーナーへ。出演者やスタッフ、それに、もちろんテレビカメラなどの、一斉移動。
 言うまでもなく、学生の動作、とても機敏。他の細かい説明は、不必要ですよね。 

DSC09765sDSC09750sDSC09779s
 さて、話題は再び「番組制作演習」本番前日の、テレビ美術科学生による美術セット建て込みの様子に戻ります。
 あの「SFテイスト」のトークショーコーナー用の建て込みの一方では、歌のコーナー用の美術セットの建て込みも。
 こちらは緑色と茶色のデザイン。SFとは趣きが違うテイストですね。
 
 当然の事ながら、番組によって美術セットのデザインは変わりますからね、その建て込みの方法も変わる。そうなると、個々の細かな作業も変わるわけです。
 その比較的細かな作業や加工にも、いろいろなノウハウというか、合理的な手段というものが関わりますからね、その都度、授業を担当している講師の先生が、アドバイスをしながら、そして一緒に手伝いながらの作業。
 この一つ一つの積み重ねが、欠かせない経験になって、とても勉強になるのです。
 
 3枚目の写真。これが今回、建て込みに勤しんでいる美術セットの「青図」。
 主に、スタジオフロアーに対する美術セットの配置を示したものでしてね、これを見ながら、作業を進めていきます。

DSC09303sDSC09300sDSC09301s
「番組制作演習 テレビ美術科編」は一旦お休みして、今回は、この授業。
 1枚目の写真。場所は、実習授業中のテレビスタジオですけれど、テレビカメラや美術セットなどの見えず、代わりに、赤色の丸い物が見えますよね。これらの赤色の物体は何か、というと・・・
「カメラケーブル」なのでございます。
 
 一つの固まりが100メートルの長さになっていて、これを「八の字」形象に巻く練習。
 将来、立派な一人前のカメラマンになるためには、まずは「アシスタント」業務。
 ただ、アシスタントと言っても、この仕事の範囲はかなり広いわけですけれど、それらの沢山の業務の中の1つに、カメラケーブル巻きが含まれるのです。
 言い方を替えれば、この「八の字巻き」を確実に速く巻くということが、差し当たり求められる必須の技術、ということ。
 
 写真の授業は、放送技術科の1年次の実習授業。
 テレビカメラの操作に関する実習がメインテーマの授業ですけれど、カメラケーブルの構造や取扱いについて、一通りの説明を受けた後は、ケーブル巻きの練習。
 立派なテレビカメラマンになるためには、絶対的に欠かせない要素の1つなのです。

DSC09748sDSC09749sDSC09769sDSC09768s
 床材の一通りの仕込みが終わると、パネルの搬入。1枚目の写真。
 スタジオフロアーの一角に設けられる、トークショーの美術セット(背景)として、使用される物です。
 一見、宇宙・銀河の様相で、SF(サイエンスフィクション)チック。もちろん、今回の番組本番のために、テレビ美術科の学生が製作したもの。
 これは、「塗装」というより「絵画」と言った方が良いでしょうね。デザインというより、アート。力作です!!
 
 このような道具や装飾各々の製作は、日頃の定常的な授業時間外の、放課後などを利用しての作業。言わば、準備の準備でしてね、これが、8月までの授業期間中、毎週、そして、毎日のように、行われているのです。
 
 そして、2枚目の写真。女性が独りでパネルを持ち運んでいる様子。学生ではなくて、テレビ美術科ティーチングアシスタントの職員。
 ベニヤも、垂木も、それぞれ単体では軽いですけれど、それが合わさってのこの大きさだと、実は、以外に重たいのですよね。
「学生には負けていられない」という決心の下、頑張ってます!
 
 パネルが並べられると、転倒しないように背後から添えるように支える「人形」を釘で打ち付け・・・
 いくつかに分割されたパネルを、安定的に接合させるために、パネル同士を、添え木を当てて釘で連結。
 3枚目も4枚目も、釘を打つ何気ない様子の写真ですけれど、非常にサマになっていて、格好良いです。

DSC09734sDSC09740sDSC09754sDSC09753s
 はい、この流れで引き続き、テレビ美術科の実習授業の様子を紹介しましょう。
 授業は、東放学園専門学校2年次の全学科合同実習の「番組制作演習」です。
 
 1回の本番のスタンバイに対して、その作業を開始するのは、テレビ美術科の学生。本番日前日の夕方からテレビスタジオに入ります。
 なぜならば、本番当時は照明や音声、そして映像や制作部門の、総勢数十名の学生スタッフがスタジオに入るわけでしてね、その状況下では不可能な作業が、沢山あるからです。
 
 1枚目の写真、真俯瞰(被写体に対して真上)からのアングルで、一見して解りづらいですけれど、スタジオフロアーに「床材」を敷いている様子。
 この作業は、まさに、人が沢山居る状態では不可能ですよね。
 
 敷くだけでなくて、床材同士をつや消しテープで固定して、ズレないようにする作業も。2枚目の写真。
 重たいロール状の床材を持ち込み、少人数の精鋭集団で、手際良く進めていきます。
 
 一方、スタジオフロアーの別の場所では、その床材の上に敷かれた「サンプレート」(硬質塩化ビニル板)に、記しを付けているところ。
 あてているメジャーは、先日の「オープンキャンパス 体験入学」で紹介した、尺貫法によるメジャー。
 少し見づらいですけれど、右に見える「10」という数字が、「10寸」で「1尺(およそ30.3センチ)を示す部分です。

DSC09525sDSC09529sDSC09532sDSC09535s
「大道具を作ってみよう!」というテーマで、美術・大道具製作を行ったテレビ美術科の作業工房を飛び出して、次の場所はテレビスタジオに隣接した美術・大道具倉庫へ。
 引き続き、「オープンキャンパス 体験入学」テレビ美術科の紹介です。
 
 ここは、日頃の使用頻度が高く、汎用性が高い美術セットを収納したり、大道具の建て込みに使用する道具などが置かれているスペース。
 担当の職員が、それぞれの道具の名称や、どのように使用されるのかなどを、配布する資料と共に説明している様子。1枚目の写真です。
 特に、背後に見ている木製の道具2種類は、非常に使用頻度が高い物でしてね、これらを使用しない事はない、と言っても過言ではありません。
 ちなみに、白色の丸い物体の奥が「平台」、その右に積上っている物が「箱馬」です。
 
 そして、次の場所は、テレビスタジオのスタジオフロアーでの見学。
 スタジオ環境の説明と共に、製作された美術や大道具などが、どのようにスタジオに配置され使用されているのか、などの説明を受けている写真が、2枚目と3枚目。
 
 最後に、就職資料室にて、就職や進路に関する説明を。
 何と言っても、就職するために、そして、現場で活躍するための専門学校ですからね。この話は欠かせないわけです。
 
 以上、「オープンキャンパス 体験入学」テレビ美術科編でございます。
 体験入学の内容は、日程によって異なりますので、ご確認の上、ぜひ!ご参加ください。

DSC09497sDSC09503sDSC09508sDSC09514s
 前回に続き、東放学園専門学校「オープンキャンパス 体験入学」テレビ美術科「大道具を作ってみよう!」編。
 ただ聞くだけ、ただ見るだけではなくて、製作を経験する実践的体験入学でございます。
 
 ベニヤ(板)に対して、縦に垂木(たる木)を打ち付けた後は、垂木の余長をノコギリで切断。
 日頃使っていて意識しないというか、押したり引いたりの往復運動になりますからね、あまり気にしないのですけれども、特に日本で使用されるノコギリは、引く動作によって切断。押しよりも引きの方が、力が与えやすいですから、合理的なメカニズムになっているです。
 
 切断した余った垂木を使って、パネルに対して横に渡す添え木の打ち付け。この作業が終わると、薄いベニヤのパネルも、随分と安定的になります。
  
 体験された皆さん、どことなく手慣れた感じ。そもそも、格好がサマになっていますよね。
 少々の説明をするだけで、黙々としなやかに、作業が進んでいきます。
 
 テレビやメディアなどの仕事全体が「もの創り」の仕事。この中で、美術や大道具の仕事というのは、その中で、さらに「もの造り」。
 そして、パネル作り一つでも、チームワークによって、合理的にスムーズに製作が進むのです。 

DSC09468sDSC09474sDSC09489s
 さて、今日の1枚目の写真。立っている人達がそれぞれが手に同じ物を持ち、それを眺め見ている様子。
 持っている物はいったい何かというと、メジャーなんですよね。
 メジャー自体はそれほど珍しくはないですけれど、手にしている物は、普通と少し違いましてね、メーターモジュールではなくて、実は尺貫法に基づくメジャー。 
「オープンキャンパス 体験入学」テレビ美術科の様子です。
 
 新旧で言えば、尺貫法が昔の長さの単位、メーターモジュールが現在の一般的な長さの単位。けれども、家屋の建築では現在も尺貫法が一般的ですし、テレビや舞台の美術セットやその設計も、尺貫法。
 ということで、実習は、この説明からスタートです。
 
 テレビ美術科の体験入学、この日は「大道具を作ってみよう!」がテーマ。美術セット製作・造作の基本となる「パネル」の製作実習。
 これを、参加された方と在学生と先生とで、一緒に作ります。
 使用する道具の説明後は、先に担当の先生による手本。その後に、全員での製作作業に進みます。

DSC09275sDSC09281sDSC09287s
 東放学園専門学校各学科のガイダンスやシミュレーションが終わって、いよいよ!本番日へ突入!。
 2年次全学科が参加しての、本格的実習授業「番組制作演習」です。
 
 改めて説明しますと、放送芸術科の学生が番組の企画や構成などの内容を考え、テレビ美術科が番組の美術セットをデザイン・造作をして、照明クリエイティブ科が出演者や美術セットを灯す照明をデザイン・プランを立て、放送技術科が番組の具体的な映像構成などを考え、放送音響科が番組中に流す効果音を考えたりマイクロフォンプランを構築して・・・、というふうに事前準備を進め、本番当日に望む!というもの。
 このような各々の作業を進めて、本番当日を迎えるのです。
 
「切磋琢磨」という言葉が最も合致するであろう、この授業。
 これらを通して、学べる事や得られる知識は、そのすべてをここには書けないくらいの量になるでしょうね。
 
 今後、何回に分けてゆっくりと、この実習授業の紹介をさせていただきます。

「天空の輪」

2012年5月21日 雑感

DSC09549s
5月21日の月曜日。
今日は「金環日食」の日でした。
天候が危ぶまれましたけれど、雲の隙間、あるいは雲ごしでうっすらと見られた方も多かったでしょうね。
 
写真は、コンパクトデジカメに「NDフィルター」を強引に(笑)取り付けての撮影。7時33分の太陽と月。
「輪」になる事も、とても神秘的に思いますけれど、今回実感したのは、太陽光の強さ。
日常の環境下だと、ほとんど気にしないですよね。
 
およそ1億5000万キロメートル遠くからの、強い光。
専用のグラスはNDフィルターで観察すると、太陽光以外は、ほぼ真っ暗。
けれどもしかし、「天空の輪」だけは、しっかりと見えるのです。

 
DSC09542sDSC09557s
     左の写真は、金環日食前の7時13分、右の写真は、金環日食後の7時38分です。