• 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

Archives:

  • 225月

     

    2019年度学園祭を運営してくれるスタッフを募集します☆★

    IMG_1228

     

    今年の学園祭は、

    2019年11月2日(土)・11月3日(日) 2日間の開催です!

     

    イベントの企画から、宣伝活動を行うためのポスター作りなど、

    学園祭を開催するまでの準備から当日運営、片付けまで、行って頂きます。

     

    まだ学園祭を見たことがない(知らない)1年生でも、

    昨年学園祭を盛り上げてくれた2年生でも、

    一緒に学園祭を盛り上げてくれる・サポートしてくれる方、大歓迎です\(^o^)/!!!

     

    まずは、どんなことをやるのか聞きたい方、

    説明会を実施しますので、お時間が合う回に是非参加してみてください(^^)♪

    お待ちしてます!!!

     

    ★学園祭実行委員説明会★

    【日程】

    ①5月28日(火) ②5月30日(木) ③5月31日(金)

    ④6月3日(月) ⑤6月5日(水)

    【時間】12:20~ (お昼食べながらでOK!)

    【場所】1階 就職資料室

     

  • 215月
    Uncategorized コメントは受け付けていません。

     

    プロモーション映像科「特別講座」にて

    卒業生の大谷純一朗さん(2013年卒)が来校しました!

     

    「クロちゃんじゃないっすよ~」と和やかに講義が始まりました。

    DSC00029

     

    現在権四郎ガープでディレクターとして働いており、

    LIVE映像やMV等を手掛けているとのことで

    携わった作品を観ながら仕事の進め方や裏話までをたっぷりと話してもらいました。

     

     

    学生時代は毎週のように自主制作に励み、作品制作への熱意を養っていた大谷さん。

    実習授業が忙しい時でも隙を見つけては同級生と自主制作をしていました。

    「センスや知識があってもそれが画に出せなければ意味がない。

    技術は後からでも覚えることはできるけど、作品に向けた熱量の持ち方などは

    学生時代にしか練習できないことだと思う」と

    自身の学生時代の作品を観ながら話してくださいました。

    DSC00026

     

    現在では現場を取り仕切れる局面も増え、講師の現場に参加したり、

    同級生や後輩に声をかけて一緒に仕事をする機会も多いそうです。

     

     

    今も休みなど自主制作をすることもあるそうですが

    「仕事と自主制作はどちらが好きですか?」という質問には

    「自主制作は自由なようで見る人もいないし誰も評価してくれないので実はいろいろ不便

    (制作意図を伝えるという意味で)。

    予算をかけて特殊機材を入れたりヘリで空撮出来たり、

    見る人に想いを届け、自分の創りたい映像が具現化できるので

    嘘かと思われそうだけど仕事が大好き」と語る大谷さん。

    DSC00023

     

    「アイドルをキレイに撮るためには男性ファン目線で向き合うことが重要!」

    「入社して数年は忙しいけど、忙しくても“ちゃんと遊ぶ”ことが自分のエネルギーや表現につながります」

    というアドバイスで講義をまとめてくれました。

     

    ↓↓大谷さんが携わった作品が気になる方はぜひこちら↓↓

    権四郎ガープHP

     

  • 205月
    Uncategorized コメントは受け付けていません。

    唐突ではありますが、本日は本校のいいところについて述べたいと思います。

    本校には、3種類の先生がいます。

    まずは、「教職員」。

    東放学園グループの教職員であります。筆者もその一人です。

    職員室に常勤しています。

    主にクラスアドバイザーの先生です。授業を教えたり、授業や進路の相談に乗ったり、また学校事務なども担っています。

    人事異動もあり、姉妹校や間接部門を大きいスパンで廻っています。

    筆者も今年度から東放学園映画専門学校に赴任しました。

    (ちなみに東京アナウンス学院→東放学園高等専修学校→東放学園映画専門学校と本校が3つ目の赴任先となります。)

    続いて、「TA(ティーチングアシスタント)」。

    本校の卒業生です。主に授業準備を手伝ってくれています。

    1年ないし2年間の社会人経験を経て、現場に旅立っていきます。

    年齢的にも学生と近いので、教職員と学生の間のいい距離感で身近な相談に乗ってくれます。

    そして、「講師の先生」。

    授業は、講師の先生が担っている部分が多いです。

    その業界の方なので、常勤というのは難しいのですが、現場での「生」の知識を、熱く教えてくださっています。

    厳しい愛のムチを受けながら、学生はその道のプロを目指し勉強していきます。

    卒業してからも講師の先生を訪ねてくる卒業生もいますので、いかに授業が濃かったかがうかがえますね。

     

    この3つの協力体制で学生の2年間ないし1年間(VFX専攻科)の学校生活を支えているんです。

« Previous Entries   Next Entries »

Recent Comments

  • 楽しそうですね! レッサーパンダもかわいい!...
  • お疲れ様でしたありがとうございました!...
  • 卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます!! 学校に遊びに行った際に、もう知っている顔がいないと思うと、とても...
  • インフルエンザにかかっ☆隊! さま コメントありがとうございます。 インフルエンザはもう治りましたか? お...
  • お疲れさまです。 もうついに一年生が企業説明の時期ですか! 時の流れは早いものですね。 早いといえば、先日東放...