Archives:

  • 116月
    プロモーション映像科, 授業風景 コメントは受け付けていません。

     

    プロモーション映像科の授業「デジタル撮影システムⅡ」は

    2年時前期の撮影機材を学習していく授業です。

     

    この日は「SWIFT JIB(スウィフト ジブ)」という特殊機材を使った

    撮影実習を行いました!

     

    IMG_0028

    伸縮調整できるアームを使い、三脚よりも高い位置からの撮影が可能になります。

    IMG_0021

    アームに取り付けたカメラの向きはリモートでオペレート。

    アームを操作する人とカメラを操作する人の息を合わせることが必須!

     

    IMG_0071

    この日の実習はライブを想定。

    ステージ上ではステディカムでボーカル(学生です)の表情を狙っていました。

    学生エアーバンドも楽曲に合わせてテンション高く、楽しそう!

     

    カメラを複数台出し、見た目の違いも比較。

    SWIFT JIB、実戦で使用するのが楽しみですね!

     

     

  • 106月
    アニメーション映像科, イベント, 就職・進路 コメントは受け付けていません。

    回を重ねること4回目となります…

    就職セミナー【アニメーション映像科】が6/8(土)に実施されました。

     

    IMG_0247

     

    今回、模擬面接のあとのセミナーは、2グループに分かれて実施されました。

     

    一つは、本学園 教職員による「制作進行の仕事とは」

    前職が「制作進行」であった東放学園入学広報センターの教職員に、講師として貴重なお話をしていただきました。

    ↑↑灯台下暗し。身近なところにプロがいたとは、東放学園も層が厚いですね。

    IMG_0289

    そして、もう一つは、(株)フェローズさまの「ポートフォリオの作成について」

    IMG_0290

    アニメーション映像科でいう「ポートフォリオ」とは、「私はこういう作品を作っていました」「こんなこともできます」と企業にアピールするための作品集です。※映像作品の場合は「デモリール」と言います。

    クリエイター系の職種の場合、企業はこの「ポートフォリオ」や「デモリール」を見て学生の力量を判断します。

    ※目指す作業工程によっては、必要ない場合もあります。例:制作進行など

    どんな作品を掲載(または収録)すればいいのか?

    作品点数(分量または長さ)はどの程度が適量なのか?など、

    過去の提出した「ポートフォリオ」「デモリール」を参考に、採用担当者の視点で一から教えていただきました。

    IMG_0291

    さらに、アニメーション番組業界の裏話なども聞くことができ、学生からの質問も多く挙がり、盛り上がりました。

     

    今年度の就職セミナーはすべて終了しましたが、2年生の就職活動はこれからが正念場です。

    模擬面接での反省点やセミナーでの貴重なお話しで得た知識をもとに、今後の就職活動に役立ててほしいです。

  • 076月
    学園生活, 授業風景, 映画制作科 コメントは受け付けていません。

    映画制作科では、2年生が「ショートフィルム制作」の合宿に向けて準備中です。

    本年は、撮影予定の二作のうち、一作がゾンビ映画。

    この度、二週に渡って特別講師を学校にお招きし、学生たちがゾンビのメイクを学びました!

    IMG_4239

    作品中に登場予定のゾンビリスト

     

    5月31日(金)にいらっしゃったのは梅原麻衣子さん

    肌への凹凸のつけ方をはじめ、メイクの方法を細かく教えていただきました。

    メイクによって前年度TAの堀江さんがどんどんゾンビになっていく様子に、

    学生・教職員ともに驚きが隠せませんでした。

    IMG_4241

    メイク前に前髪を一度上げ、

    IMG_4256

    下地を塗りつつ肌に凹凸をつけていきます。

    IMG_4278

    色味を加えて陰影をつけていき、

    IMG_4294

    すっかりゾンビに。

     

    さて。

    ゾンビメイクの完成した堀江さんは、学生たちのもとへ繰り出しました。

    IMG_4302

    記念撮影!

     

    屋上で撮影している学生たちを見つけ、

    IMG_4304

    近寄っていくゾンビ。

     

    あっ。

    IMG_4308

    学科主任の坂口先生が犠牲に。

     

    その後、美術部の学生たちは梅本さんの指導の下、

    実際に役者さんを相手にメイクの練習を。

    この貴重な機会を逃すまいと、皆楽しみつつしっかりと学んでおりました。

    IMG_4312

     

     

    *********************************

     

    6月5日(水)にいらっしゃったのは千葉美生さん

    血糊を使った流血表現や、ただれた肌の表現などをトータルに教えていただきました。

    先日のTA紹介でもおなじみ、現TAの長谷川くんがゾンビになりました。

    IMG_0109

    まだ人間だったころの長谷川くん

    IMG_0115

    肌に色を入れつつ、トータルに「汚し」を入れていきます

     

    メイクをし、右目には白いコンタクトレンズを入れ、長谷川くんの様子が変貌していきます。

     

    IMG_0126

    若者の人間離れが深刻です。それにしても嬉しそう。

     

    しかし、簡単に笑っていられるのもここまで(物理的に)。

    監督の希望で口元にラテックスを貼り、「ただれ」を表現していきます。

     

    IMG_0152

    口周りが…!

     

    ゾンビになった長谷川くん、監督と記念撮影をしていました。

    IMG_0181

    あら楽しそう。

     

    ゾンビメイクの完成した長谷川くん。やっぱり学生たちのもとへ繰り出しました。

    IMG_0186

    エレベーターに乗ったゾンビ。

    IMG_0189

    鏡に映る自分の姿が気になるようです。

     

    向かった先はStudio Dee。

    ショートフィルム制作に向けた撮影部・照明部・録音部の合同実習中でした。

     

    IMG_0193 IMG_0197 IMG_0203

     

    講師の富田先生に撮影していただきました!

    実際に照明のもとに来ると、リアルさ・怖さも倍増です。

    モノクロのゾンビ、格好いいです…!

     

    その後、目から視神経をこぼしたり

     

    IMG_0229

    「ゾンビに慣れてきた」「落ち着いてきた」と話すゾンビ。

     

    監督が「痛そう、痛そう」と悲痛な表情をしたりしながら、

     

    IMG_0234

    いいリアクションでした。

     

    長谷川くんのゾンビ体験は終了。

     

    その後は学生たちがお互いの首筋に血管を書いたりと、

    実際にゾンビメイクを練習しておりました。

     

    学生のメイクに対し、その都度アドバイスを下さった千葉さん。

    はじめは緊張していた様子の学生たちでしたが、

    和やかな雰囲気のなか、練習に励みました。

     

    *********************************

    合宿に向け、美術部の学生たちは日々メイクの習得にいそしんでおります。

    特別講師のお二人にご教授いただいたテクニックを駆使して、

    合宿では最恐のゾンビを作り上げてもらいたいなと思う筆者でした。

« Previous Entries   Next Entries »

Recent Comments

  • 楽しそうですね! レッサーパンダもかわいい!...
  • お疲れ様でしたありがとうございました!...
  • 卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます!! 学校に遊びに行った際に、もう知っている顔がいないと思うと、とても...
  • インフルエンザにかかっ☆隊! さま コメントありがとうございます。 インフルエンザはもう治りましたか? お...
  • お疲れさまです。 もうついに一年生が企業説明の時期ですか! 時の流れは早いものですね。 早いといえば、先日東放...