Archives:

  • 186月
    Uncategorized コメントは受け付けていません。

    職員室・受付K先生の席の後方にピコピコハンマー発見。

    IMG_2635

    お行儀の悪い学生にお仕置きでもするのかと思ったら、撮影の授業で小道具として使用したものを学生から寄贈されたとの事でした。

    よくよく見てみると、バラエティ番組でお馴染みの元祖M社の物。100均でも売っている昨今500円以上します。世界的映画監督の芸人Tさんも愛用のハンマー、さすが本物志向の映画校学生です。〇〇さんは☓☓しか使わないとか、△△が用意されていないから怒って帰ってしまったなど、出演者やスタッフにはこだわりの品があります。学生の皆さんは最初はアシスタント的な仕事に就く場合が多いかと思いますが、小道具ひとつでも利便性や見栄えはもちろん、使う人の嗜好をしっかりと把握する事が重要ですね。業界に限らず、一般の会社に進んでも、上司や同僚の嗜好を把握しておくことが人間関係を円滑するコツなのではないでしょうか。

    ちなみにT先生はミネラルウォーターにこだわりがあり、いつも同じメーカ―の物を何故か腰に手を当てながら飲んでいます。

    IMG_2771

     

  • 146月
    Uncategorized, プロモーション映像科, 卒業生, 就職・進路, 授業風景 コメントは受け付けていません。

    東放学園映画専門学校では、学生の就職活動をサポートする一環として、定期的に学内での企業説明会を開催しています。

    説明会では、学生へ企業の求人情報を案内するとともに、具体的な事業・業務内容等を説明していただくことにより、エンターテインメント業界で働くイメージを描くことができる貴重な時間でもあります。

    そして今回お招きさせていただいたのは「株式会社KIYOSHI KURAHARA STUDIO」

    企業のプロモーション映像やCM等広告映像のほか、映画、Webコンテンツなど様々な映像の企画・制作を行っている企業であり、本校の卒業生も在籍しております。
    この日は代表取締役社長の藏原様のほか、映画制作科卒業生・宋様、プロモーション映像科卒業生・劉様に来校いただきました。

    sdr

    まずは藏原様からご挨拶と会社概要のご説明があり、雇用形態や業務内容など会社の特長をお聞きしました。

    dig

    代表取締役社長兼プロデューサー・映画監督でもある藏原様

    通常の企業説明会であればその後求人の詳細をお話いただき、質疑応答で終了となるパターンが多いのですが、今回はさらに特別な“ワークショップ”をご用意いただいたとのこと。

    参加学生をいくつかのチームに分けて、チーム対抗でとある題目に取り組む形式ですが…そのお題とは「実際に企業から映像制作のオーダーが来たら、どんな映像を制作するか?」というもの。
    ランダムに渡された業種、制作費、映像ジャンルの手札を元にチームで話し合い、発表したうえで、一番良い企画を立てられたチームが勝利です。

    dav sdr sdr dav

    企画内容はもちろんのこと、その映像の長さ(尺)、ターゲット層からどこの媒体で公開するのかまで、グループディスカッションで検討します。
    そして仕事として請け負う場合に最も重要な“利益”をどの程度出すかも念頭に入れることが必要。

    急に活き活きする学生もおり、話し合っている時にもそれぞれの性格が出ていて、ワークショップは眺めているだけでも楽しいですね。

    dig dav

    最終的に個性的な企画が出揃い、学生全員が投票して最優秀チームが決定!

    dav

    藏原社長より総評もいただき、学生にとって企業情報だけではない貴重な経験を得ることができました。

    実際に「KIYOSHI KURAHARA STUDIO」では、企画立案から制作が始まるとのこと。
    指示された制作を請け負う企業ではないという会社の魅力がしっかりと伝わった説明会だったのではないでしょうか。

     

    dav

    卒業生の宋さん(左)と劉さん(右)

    株式会社KIYOSHI KURAHARA STUDIO

    公式サイト:http://kiyoshi-kurahara.com/

    Twitter :https://twitter.com/KURAHARA_STUDIO

    Facebook :https://www.facebook.com/KIYOSHI.KURAHARAstudio/

  • 315月
    Uncategorized, 卒業生, 学園生活, 映画制作科 コメントは受け付けていません。

    さて、本日はTA(ティーチングアシスタント)を紹介その②です!

    前回のTA紹介はこちら

    本日ご紹介するのは…

    dav

    【映画制作科TA 長谷川 健吾(ハセガワ ケンゴ)さん】

    Q:TAってどんなお仕事をされているんですか?
    長:大きくわけて3つです。
    ①、授業がスムーズに運ぶように事前準備をします。そして授業中は様々な状況に合わせて講師の先生をフォローするように動いています。
    ②、機材の管理です。問題無く学生が使えるように日々メンテナンスや貸出の手続きをしています。
    ③、体験入学などの募集イベントの手伝いです。できる限り学校に興味を持ってくれるように体験生とコミュニケーションを取るようにしています。

     

     

    dav

    Q:なぜTAになったのですか?
    長:脚本家になりたかったので、書く時間が取れる事と、業界に近いということが決めてでした。お話を頂いた時はありがたかったです。

     

     

    dav

    Q:好きな映画はなんですか?
    長:『プラダを着た悪魔』、『グッドウィルハンティング』、邦画だと『あん』です。アクションなどではなく、ヒューマンドラマ系で人間模様を描いたものが好みです。映画を觀ていて「がんばれ」って語りかけてくれるというか、心の内側に寄り添ってくれるような映画が好きです。

    Q:いつもお昼ご飯は何を食べていますか?
    長:お弁当を自炊して持ってきています。前日の夜から準備しています。

     

     

    dav

    Q:将来の夢は
    長:脚本家です。

    Q:学生へメッセージをください。
    長:厳しいこともありますが、楽しんで学びましょう!!

    長谷川さんありがとうございました!!

« Previous Entries   

Recent Comments

  • 楽しそうですね! レッサーパンダもかわいい!...
  • お疲れ様でしたありがとうございました!...
  • 卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます!! 学校に遊びに行った際に、もう知っている顔がいないと思うと、とても...
  • インフルエンザにかかっ☆隊! さま コメントありがとうございます。 インフルエンザはもう治りましたか? お...
  • お疲れさまです。 もうついに一年生が企業説明の時期ですか! 時の流れは早いものですね。 早いといえば、先日東放...