• 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

Archives:

  • 098月
    Uncategorized, プロモーション映像科, 卒業生, 授業風景 コメントは受け付けていません。

     

    プロモーション映像科「特別講座」にて、

    卒業生の雨包 直人さん(2003年度卒)が来校されました。

     

    IMG_0320

     

    制作会社での勤務経験を経て現在フリーのディレクターとしてご活躍中の雨包さん。

    ONE OK ROCKや星野源、sumika、Suchmos等名立たるアーティストのLIVE収録~パッケージや、

    野外フェスSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER特番の総合ディレクターなど幅広く活動されているそうです。

     

    『フリーになってから仕事が安定するまでどれくらいでしたか?』

    …と学生からの突っ込んだ質問からスタートしましたが、

    「最初は自分でカメラを回したりしていたけど、段々ディレクターの仕事が増えてきて3年位して安定してきた。

    すぐにディレクター、という求人はなかなかない。制作会社に入社して制作業務や経験を積みながら

    (ディレクターに)なっていくものだと思う。ディレクターになると他の現場に行くことはほぼないので、

    そういう段階(現場を見る機会)は必要。」とにこやかに答えて下さいました。

     

    『(映像を作る上で)“雨包さんらしさ”は何ですか?』

    『ディレクターになるために学生のうちから何をすればよいですか?』

    という質問には、

    「自分らしさは自分では考えていないが、“自分に何が求められているのか”はいつも意識している。

    あえて言うならば自分は学生時代から音楽が好きで、よくライブハウスなどに行っていたので、

    楽曲の楽器のディティールがわかるなどアーティストに共感できるところが強みかと思う。」

    IMG_0297

     

    LIVEをただ記録するだけではなく、アーティストの要望を聞いて、臨場感や空間の広さや音楽的な表現を創り出す。

    同じ場所で行ったライブでも撮影する画面の作り方や編集の仕方により見え方が違うという事を

    実際に作品を見ながら教えて下さいました。

     

     

    「LIVE映像は現場が大きくなればなるほど関わるスタッフの数も増える。

    アーティスト、クライアント、レーベルそれぞれの意思があり、独りよがりな表現で作品を完成させることはできない。

    MVやCM、番組もそうだがコミュニケーションをとりながら相手の求めるものを形にしていく。」

    「アーティストは時代を映す鏡。昔ながらのスタイルを貫いている人もいるし最新のことで表現する人もいる。

    CMなど旬な表現を求められるものもあるが、ディレクターが自分色に染め上げて作品を作るのではなく、

    アーティストに寄り添って表現することで幾通りもの表現ができる。

    自分は長い間見てもらえる強度のある作品作りをしたい。」

    IMG_0311

     

     

    最後に

    「僕も卒業生なので皆さんの背中を押せれば…」と前置きし、

    「これから卒業して映像の仕事をしていこうとしている人、違う人いろいろいると思いますが、

    業種に関わらず全部つながっていると思う。

    技術・センスは二の次で根気強く好きなことを突き詰めていろんなことを楽しめるといいですね。

    【イメージを言葉にする力=物事を把握する力】

    一人じゃなくて皆と仕事していくので自分の言葉を人に伝えられるようにできるとよい。

    楽しい・面白い、は向こうから来ないので、自分から行かなければならない。

    焦らずにやっていければいいと思います。」

    と素敵なアドバイスを下さいました。

     

     

    雨包さん、どうもありがとうございました!

     

     

  • 146月
    Uncategorized, プロモーション映像科, 卒業生, 就職・進路, 授業風景 コメントは受け付けていません。

    東放学園映画専門学校では、学生の就職活動をサポートする一環として、定期的に学内での企業説明会を開催しています。

    説明会では、学生へ企業の求人情報を案内するとともに、具体的な事業・業務内容等を説明していただくことにより、エンターテインメント業界で働くイメージを描くことができる貴重な時間でもあります。

    そして今回お招きさせていただいたのは「株式会社KIYOSHI KURAHARA STUDIO」

    企業のプロモーション映像やCM等広告映像のほか、映画、Webコンテンツなど様々な映像の企画・制作を行っている企業であり、本校の卒業生も在籍しております。
    この日は代表取締役社長の藏原様のほか、映画制作科卒業生・宋様、プロモーション映像科卒業生・劉様に来校いただきました。

    sdr

    まずは藏原様からご挨拶と会社概要のご説明があり、雇用形態や業務内容など会社の特長をお聞きしました。

    dig

    代表取締役社長兼プロデューサー・映画監督でもある藏原様

    通常の企業説明会であればその後求人の詳細をお話いただき、質疑応答で終了となるパターンが多いのですが、今回はさらに特別な“ワークショップ”をご用意いただいたとのこと。

    参加学生をいくつかのチームに分けて、チーム対抗でとある題目に取り組む形式ですが…そのお題とは「実際に企業から映像制作のオーダーが来たら、どんな映像を制作するか?」というもの。
    ランダムに渡された業種、制作費、映像ジャンルの手札を元にチームで話し合い、発表したうえで、一番良い企画を立てられたチームが勝利です。

    dav sdr sdr dav

    企画内容はもちろんのこと、その映像の長さ(尺)、ターゲット層からどこの媒体で公開するのかまで、グループディスカッションで検討します。
    そして仕事として請け負う場合に最も重要な“利益”をどの程度出すかも念頭に入れることが必要。

    急に活き活きする学生もおり、話し合っている時にもそれぞれの性格が出ていて、ワークショップは眺めているだけでも楽しいですね。

    dig dav

    最終的に個性的な企画が出揃い、学生全員が投票して最優秀チームが決定!

    dav

    藏原社長より総評もいただき、学生にとって企業情報だけではない貴重な経験を得ることができました。

    実際に「KIYOSHI KURAHARA STUDIO」では、企画立案から制作が始まるとのこと。
    指示された制作を請け負う企業ではないという会社の魅力がしっかりと伝わった説明会だったのではないでしょうか。

     

    dav

    卒業生の宋さん(左)と劉さん(右)

    株式会社KIYOSHI KURAHARA STUDIO

    公式サイト:http://kiyoshi-kurahara.com/

    Twitter :https://twitter.com/KURAHARA_STUDIO

    Facebook :https://www.facebook.com/KIYOSHI.KURAHARAstudio/

  • 046月
    プロモーション映像科, 卒業生, 授業風景 コメントは受け付けていません。

     

    プロモーション映像科「特別講座」にて

    卒業生の北山夢人さん(2004年度卒)が来校しました!

    DSC00013

    北山さんは現在、株式会社IMAGICA Lab.にてカラリストとしてご活躍中で、

    当日は入社2年目の落合さんとご一緒に講義していただきました。

     

    入学した時はディレクターを目指していたという北山さんですが、

    在学中に企業見学でIMAGICA へ行った時にカラリストという職業を知り、

    それが希望職種となり、入社し、今に至る…そうです!

    DSC00008

     

    関わった作品は数知れず…

    一般社団法人日本ポストプロダクション協会(JPPA)が主催する

    『第22回JPPA AWARDS 2018』では

    映像技術部門のグレーディングカテゴリーでシルバー賞を受賞しました!

    <学園HPニュース『JPPA AWARDS 2018』で卒業生3名が受賞の快挙!』>

     

     

    講義では

    「カラーコレクションってなに?」

    「映像制作フローにおけるカラーコレクション」

    「カラコレで使用する素材・ソフト」…など、

    カラコレとは何だ?という内容を実際の素材を使用して分かりやすく解説してくれました。

    DSC00084

     

    ★★カラーコレクション(カラリスト)とは★★

    カラーグレーディングと呼ぶこともありますが、

    ズバリ直訳すると『色補正』のことで、

    “作品の映像の質感の仕上げ”や“天候の変化による映像の色味のばらつき調整”などを行います。

    作業によって演出意図をより効果的に伝えたり、カットの差異を調整して視聴時の違和感やストレスを感じさせない自然な映像を作ります。

    ほとんどの映像制作フローに入る作業ですが、それを行うポジションが「カラリスト(カラーグレーダー)」です。

     

    「カラコレには正解はないので、見やすくて魅力的な画作りをします」

    と、サクサク作業をしながらなんてことのないような表情でさらりと語る北山さん。

    DSC00074

    「入社時はカラコレのことなんて詳しくわかっていなかったけど、仕事を続けることで今につながっている」

    落合さんからは「私は“楽しいこと”をしたい一心で入社したので、皆さんもやりたい事を目指して頑張ってください!」

    と就活を控えた2年生やこれから映像をより深く学んでいく1年生に向けてエールを頂きました。

     

    ===============

    この日の特別講座は卒業生で現在プロモーション映像科「デジタル撮影基礎」の講師も務めて頂いている折井さんが作業素材の提供・記録写真の撮影をしてくださいました!

    また、この後におこなわれた授業「大和ゼミ」にて配信実習の特別講師という事で来校していたKentさん、職員の伊藤でプロモ科3期生が4人集合!という事で

    当時よりアドバイザーを続けている大和先生を囲んでパシャリと集合写真!

    cache_Messagep17434

     

    卒業生の皆さんもぜひご一報の上、学校に遊びに来てくださいね~!

    楽しいお土産話、待ってます!

« Previous Entries   

Recent Comments

  • 楽しそうですね! レッサーパンダもかわいい!...
  • お疲れ様でしたありがとうございました!...
  • 卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます!! 学校に遊びに行った際に、もう知っている顔がいないと思うと、とても...
  • インフルエンザにかかっ☆隊! さま コメントありがとうございます。 インフルエンザはもう治りましたか? お...
  • お疲れさまです。 もうついに一年生が企業説明の時期ですか! 時の流れは早いものですね。 早いといえば、先日東放...