• 309月

    少し時間が経ちましたが、9月10日(火)から9月12日(木)、二泊三日の泊りがけで「関谷ゼミ」という、本校校長の担当授業の撮影合宿のため静岡県の城ヶ崎に行ってまいりました。
    TA(ティーチングアシスタント)の増永が同行しましたので、その様子を3回に分けてお伝えします。
    1_S

    毎年履修志望者のみで行うこの合宿。
    班ごとに分かれ(今回は一班13人くらいで、5班に分かれました!)、学校長が用意した原作を元に、同じ脚本(原作)、同じ条件下のもとで撮影を行い、後日の上映会で、生徒が作った作品を生徒自身で採点します。映像に正解はない。これは、いつも先生方に言われる言葉ですが、敢えてこの授業では、毎回生徒自身が、他班を含め自分達の作品に点数をつけます。

    職員は点数はつけません。全て自分達です。競うことを目的にはしていませんが、作品に点数がつくことにより、生徒たちのモチベーションや緊張感も上がり、1位をとるぞ!と張り切っている人も中にはいて、面白がってやってくれている学生がたくさんいます。

    課題が発表されてからの準備期間も大変!自分達でプレゼンをし、監督を決め、脚本を書くところから、美術や小道具を用意し、俳優も探し、オファーすることもやります。合宿までに、打ち合せに打ち合せを重ね、綿密にロケーションスケジュールを組みます。ここで話し合いがきちんと行えてないと、撮影がなかなか進まず大変!

    この、夏期の合宿に行く生徒は1年生のみ!関谷ゼミの課題撮影としては、初めて2年生の先輩方の手を借りず撮影を行うことになります。いつも、助監督や助手をしている自分たちが、今回は監督や技術担当になる…。演出、映像や音、何かあったら全てにおいて自分達の責任になります。プレッシャーや緊張で、特に技術担当のみんなは、失敗すると目や耳でわかるもので作品に残ってしまうので、とても不安。初日の朝から「今日眠れなかったです…」とか、「胃が痛くて吐きそうです…」なんて、先が思いやられるようなことを言ってる子もチラホラ。

    でも、学生だからこそ失敗できるわけだし、失敗して発見することって、撮影ではとっても多いから、失敗したっていいんです、今のうち今のうち。そんな不安な子たちのために、そして、みんなが反省や後悔ばかりする撮影や作品にならないよう、毎年、最前線で活躍しているOB・OG(卒業生)や、講師の方々が各部署来てくれます。極力みんなが撮りたい、やりたいということを尊重して、困ったことがあったら、映像業界の先輩方がサポートしてくれます。
    2_S

    ちょっとずつ合宿に慣れてきて、みんな良い顔になってきました!
    3_S

    でも、この合宿の撮影はハード。というか、みんな自身が、良い作品にするため思考錯誤し、時間をかけるので、時間がない、時間がない、と自分達の首をしめ始めてしまいます…。撮り切れるのか、毎年毎年わたしたちも心配です。
    4_S

    段々みんな疲れてくると、口調が悪くなってきたり、言い争いになったりすることもありますが、思ったことをきちんと言える。これは、東放生の良いところでもあります。東放生は、友達というより、同じ夢を目指している仲間です。
    5_S

    (続く)

  • 249月

    9/21、22に学校の近くにある新宿十二社熊野神社でお祭りがありました。

    CIMG0496CIMG0499

    20日に酒屋さんでお神酒を買って奉納しに行きました。
    テント内はまだ準備中でしたが、立派なお神輿を見せてもらいました。

    CIMG0506DSC_1188_S

    十二社通りにはたくさんの提灯が並び、お祭りムードになっています!

    CIMG0505CIMG0503

    わかりづらいのですが、だしが賑やかな音と共に学校の前を通りました。
    太鼓を叩いている男の子が可愛らしかったです。

    CIMG0528

    夕方、境内の様子を見に行ってきました!!
    たくさんの露店が並び、いい香りが…

    CIMG0547CIMG0548

    舞台では舞が行われていました!

    CIMG0532CIMG0551

    お参りをしておみくじを引き、お祭り気分を味わいました。

    CIMG0553

  • 239月

    雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
    ……

    宮沢賢治先生の代表作、雨ニモマケズの冒頭部です。
    この詩にのっとって、というわけではありませんが、小説・マンガ創作科は夏の補講が行われてきました。

    陽の入りも早くなり、夏の終わりを色濃く感じる今日この頃。
    後期開講に向け、それぞれの補講も追い込みをかけています。

    小説コースの学生が所属するゼミでは、夏休みの間に書き進めた原稿をチェックしてもらっています。

    a  f

    設定の矛盾や描写の問題点など、鋭い指摘が飛んでいます。
    一年生にとっては前期の成長を確認する最初の夏、二年生にとっては追い込みをかける最後の夏です。
    各々にとっても、後期に向けて重要となる最後の補講を有意義に使っています。

    また、小説コースにあるDTP実習の授業では、学園祭にて頒布する同人誌の制作が急ピッチで進んでいます。
    印刷所にて製本を行うため、締め切りはもう目前に迫っています。
    作品の校正はもちろん、

    e

    表紙や扉絵のデザイン、

    c

    奥付の編集など、まだまだやることは山のようにあります。
    二つのグループに分かれ、それぞれの編集長の檄が飛びました。
    今年は二冊の本が完成する予定ですので、それぞれどのような形になるか、今後が楽しみです。

    夏が終わり、進級制作・卒業制作の締め切りも着実に近づいてきました。
    ゼミや授業を通して練度を高め、作品の完成度をあげて行きましょう。

    補講の日程もすべて終わり、いよいよ明日から後期開講です。
    それぞれの課題を踏まえ、後期の授業に臨みましょう。

« Previous Entries   

Recent Comments

  • 楽しそうですね! レッサーパンダもかわいい!...
  • お疲れ様でしたありがとうございました!...
  • 卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます!! 学校に遊びに行った際に、もう知っている顔がいないと思うと、とても...
  • インフルエンザにかかっ☆隊! さま コメントありがとうございます。 インフルエンザはもう治りましたか? お...
  • お疲れさまです。 もうついに一年生が企業説明の時期ですか! 時の流れは早いものですね。 早いといえば、先日東放...