Archives:

  • 218月

    7月末、小説創作科の授業、フィールドワークにて国立国会図書館に行ってまいりました。

    国立国会図書館の役割の一つとして、「資料・情報の収集・保存」というものがあります。
    「一見何の変哲もない資料でも、数十年、数百年も集めればその時代を考察する貴重な資料になる」とのことで、フリーペーパーや雑誌なども書庫で大切に保管されています。
    そいうった目的もあるため、納本制度という制度があり、多くの書籍が納本されています。

    そのため、欲しい資料が簡単に見つからない時にはぴったりの図書館です。

     

    まずは国会図書館の紹介映像を見てから、実際に図書館内を見て回ります。

    受付けカウンターや複写カウンターの利用の仕方、資料の利用の仕方などを教えて頂いたり、普段は入れない書庫内を案内していただいたりなど、様々な場所を見学しました。

    見学が終わった後は希望者を連れて、利用者登録をしに!

     

    満18歳以上の方ならどなたでも登録することができますので、ご興味がある人はぜひ国立国会図書館に行ってみて下さい!

     

    Posted by k_kita @ 9:57 am

Comments are closed.