• 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

Archives:

  • 2111月

    学生が就職活動をするにあたって、まずは業界や企業の事をよく知るということが重要ですが、インターネットや就職情報誌などの情報では実際の現場の雰囲気や仕事の詳細まではなかなか掴めません。

    そこで東放学園では、業界関連企業と協力して、学内で多くの企業説明会を開催しています。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    今回来校していただいたのは、株式会社マッドボックスのプロダクトマネージャー・山本健太郎さん(写真右)、色彩設計・堀川佳典さん(写真左)。

    マッドボックスは、制作会社『マッドハウス』の子会社としてアニメーションのデジタル作業(仕上げ/撮影/編集/CG)を請け負っている会社です。『進撃の巨人』や『ダイヤのA』、『ちはやふる』等のメジャータイトルの制作にも関わっています。また最近では、アニメだけではなく携帯用ゲーム等のコンテンツ企画・制作に携わる部署も設立したとのこと。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    説明会では、会社全体の概要や業務に関するお話の後、学生の質問にお答えしていただくスタイルで進行しました。

    その際に学生から出た質問をいくつか抜粋します。

    Q.「アニメについて勉強していなくても、仕事はできますか?(プロモーション映像科学生)」
    A.「できます。制作で使用するソフトについては入社後でも覚えることが可能です。ちなみにエントリーの際に提出する作品に関しては、実写でも受付ています。皆さんの感性を知ることができるものであればOKです」

    Q.「やっぱり画が描けたほうが良いですか?」
    A.「もちろん描けたほうが良いのですが、ほかにスキルを持っているのであれば、それを仕事に繋げることができると良いです。また職種によりますが画がかけるより、画が”わかる”ことが重要ですね」

    そのほか、学生の突っ込んだ質問にも、快くお答えいただきました。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    アニメ業界を目指している学生は大変参考となったのではないでしょうか。

    Posted by takahashih @ 1:38 pm

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.