(5/12更新)オンライン授業に関して

2020年5月12日 伝達事項

学生の皆さんへ

緊急事態宣言に伴って、通常授業の開講日を延期させていただいたことにより、本校では事前学習の一環として「Google classroom」によるオンライン授業による課題やコンテンツの提供を、5月11日(月)から順次開始しました。
本校では、皆さんのインターネット環境等を考慮して、スマートフォンでも取り組むことができる内容とし、皆さんに効率的に簡便に取り組んでいただきたく、提供時間(取り組む時間)を指定するいわゆる「ライブ配信授業」ではなく、ご都合の良い時間に取り組める「オンデマンド授業」の形式を採用しています。

classroomに入るための本校職員からの「招待メール」の送信を行っています。配布のメールアドレス(◯◯固有の番号◯◯◯@std.tohogakuen.ac.jp)とパスワードで、Googleにログイン等のメール設定をしていただくと、既にこちらから送信している「招待メール」をご覧いただけます。また手続きがお済みでない方は、郵送した手順書などをご確認いただき、ログイン作業をお進めください。

なお、皆さんが独自に作成したもの、あるいは以前から使用している固有のGoogleメールアドレスでは、オンライン授業Google classroomをご使用になれません。
ご自身のGoogleメールアドレスでログインされている場合、もしくは上記の東放学園メールアドレスでログインしたにも関わらず不具合が生じる場合は、Googleからのログアウトを行っていただき、東放学園メールアドレスで再度ログインを行ってください。

また、IDやパスワードも、新1年生の皆さんには簡易書留郵便にて郵送中です(2年生の皆さんには入学時に配布済み)。学科によってこちらの郵送手配日が異なりますし、郵便事情もあって、まだお手元に届いてない方もいらっしゃると思いますが、こちらに関しましても、恐れ入りますが少々お待ち下さい。皆さんの開始の遅れが、欠席扱いになったり今後の授業に影響したりすることもありません。随時加えられていく課題やコンテンツは、引き続きご覧になれます。
どうぞご安心いただき、焦らずお取り組みください。

通常授業と関わり合いが深い内容を中心に、今後、各学年・各学科の職員やアドバイザーより、学習の課題や各お知らせなどの情報が、随時公開されますので、少なくとも一日に2回以上は、当該のクラスルームを確認してください。(提供する課題やコンテンツは、内容は学年・学科によって異なります)

本校のオンライン授業は、Googleが開発したGoogle classroomのプラットホームを使用していますので、こちらのヘルプもご利用ください。

 

よろしくお願いいたします。